自分で期限を決めて、それを守る。たった、これだけのことを実行すれば多くのことができる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

office-620823_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

先日、ダラダラと過ごしている時間は存在しないのではないか。何をしているのかが曖昧だから、ダラダラとしていると思ってしまうのでは。

そんな記事を、書きました。
 
ダラダラと過ごしている時間は存在しない | かずスタ – kazstyle.jp

 
それでは、どうしたらいいのか。

もう少し、書いていきたいと思います。
 

■ダラダラと過ごす時間が入り込む余地を減らしていこう

 
ダラダラと過ごしている時間というのは、気が緩んでいたり、やるべきことをやっていなかったり、どちらかといえば、マイナスのイメージだと思います。

何をやるべきなのか、何をやらないのか。

この点が曖昧なまま、時間だけが過ぎていくと、どんどん記憶が薄れていき、その結果として、ダラダラしてしまったで、終わりにしてしまうのではないでしょうか。

それなら、ダラダラと過ごしている時間を、はっきりと何かに取り組んでいるようにしていけば、ダラダラしてしまったと思うことも少なくなります。

つまり、曖昧な記憶ではなく、できる限り詳細な記憶を残すために、行動記録をとるのです。

何をやったのか、より具体的にするために、期限を設定します。

デッドラインを設けるのです。
 
 
 
 
期限を決めて行動するからこそ、無駄な時間を減らそうとしますよね。当然、効率化も考えることになります。すると、ダラダラと過ごす時間も減っていくことになります。

自分で期限を決めて、それを守る。

たった、これだけのことを実行すれば、多くのことができます。

とはいえ、期限を守って実行することが難しく悩むこともありますよね。それでも、実現するために試行錯誤をすることは、自分自身を成長させることにもなります。

あなたは、自分で期限を決めて、行動することができますか?

仕事の時間。遊ぶための時間。家族と過ごす時間。

時間は有限だからこそ、大切に使っていきたいものです。

もはや、ダラダラと過ごす時間が入り込む余地はなさそうですよ。
 

■「今日の教訓」

 
ダラダラと行動するよりも、自分で期限を決めて、行動するからこそ、どうすればいいのか考えるようになると思う。自分で期限を決めて、それを守る。たった、これだけのことを実行すれば、多くのことができるだろう。
 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする