チェックリストは、そのまま使い続けていると、鮮度も古くなり、時代遅れになっていく

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

shopping-list-707760_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

このやり方がベストで、最高のやり方だ。

そんな経験をしたことはありませんか。でも、それは本当にベストで、最高のやり方なのでしょうか。
 

■定期的に、チェックリストを見直していこう

 
自分にとって、得意なやり方、形、パターンなどがあると思います。

特に、仕事では決まったパターンがあると思います。それは、マニュアル化されたものであったり、上司から教わったやり方もあるでしょう。

その中で、自分にもできるやり方、自分なりのパターンを構築することもできると思います。

それらをまとめたものが、チェックリストになるのです。

チェックリストがあれば、作業が楽になりますし、間違えることも減っていきます。しかも、繰り返すほど、仕事も上達してきます。

やがて、チェックリストを見なくても、体のほうが動けるようになってくるでしょう。
 
 
 
 
私の場合は、そのあとが問題になりました。

チェックリストを見なくてもできるようになったことで、油断をすることが多くなってしまいました。

自分は、できる。大丈夫だ。

チェックリストを見なくても、体を動かすことができるようになったことが、結果として油断が生まれてしまうことになってしまったのです。

これを防ぐために、今では定期的に、チェックリストを見直すようにしています。

そのとき、り方を変えてみることはできないか。そこに注目するようにしています。

慣れ親しんだことを変えることは違和感を感じたり、難しいと思いがちですが、チェックリストを見なくなって油断してしまうよりはいいと思うのです。

チェックリストに、これで大丈夫、完璧だ。ということはないのです。

そのまま使い続けていると、鮮度も古くなりますし、時代遅れになっているのです。

だからこそ、チェックリストを定期的に変えるようにして、刺激を与え続けていくのです。

すると、チェックリストも成長し、育っていきますよ。

あなたのチェックリストは、どこまで成長していますか?
 

■「今日の教訓」

 
定期的に、やり方を変えてみることはいいことだと思う。慣れ親しんだやり方ではないから、違和感を感じたり、うまくいかないこともあるけど、刺激を与えることで、新しいやり方も見つかると思うんだ。
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする