面倒くさいからできないは嘘である

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

child-163952_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

あなたは、面倒くさいと思うことがよくありますか。

私は、最近は特に感じています。何もしたくはないとか、体を動かすのも億劫だ。そんなことを考えながら、時間だけが過ぎているのです。

何とかならないか、ちょっと考えてみました。
 

■面倒くさい状態でもできることを進めていこう

 
ちょっと考えたぐらいで答えが出るようなものではありませんが、面倒だと感じているパターンのようなものはあります。

私の場合は、夕方が特に酷い状態です。

めんどくせぇ~、なにもやりたくなーい。

まるで、幼い子供のような感じですね(笑)。

そうはいっても、やるべきタスクたちはあるので、そのタスクに着手することにはなります。面倒くさいと感じつつも、タスクを処理していきます。ここでわかることは、面倒くさいと感じていても、タスクを処理することができることです。

当たり前のことを書いていると思うかもしれませんが、面倒くさいからできないは嘘になるわけです。

変なたとえですが、ご飯を食べながらでも、テレビを観て楽しむことができるのです。

だから、面倒くさいと感じたとき、抵抗したり、何とかしようとするよりも、面倒くさい状態でもできることを進めていったほうがいいと思うのです。

自分ができることに目を向けるようにしたほうが、面倒くさいを克服するよりもいいのではないでしょうか。

あなたは、面倒くさいと感じたときの対処法をもっていますか。
 

■「今日の教訓」

 
面倒くさいとか、疲れたとか、そんなことばかり考えていることってあるよね。そう感じたら、それでいいと思う。抵抗しても、無理だから。それでも、自分ができそうなことに目を向けることができれば大丈夫だと思うよ。
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする