自分一人という孤独になる時間があることで、物事が順調に進んでいることに気がつくことができる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

running-573762_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

自分一人で過ごしている時間は何をしていますか。

誰もいないし、誰にも邪魔をされない時間のことです。

えっ!何をしているのかわからないですって。

それは、勿体ないことです。一人になれる絶好の機会ですから、自分のために使ってみてはどうでしょうか。
 

■最近、一人になったのはいつだろうか?

 
現在は、ネット社会です。たとえ、一人暮らしであっても、SNSなどで繋がりを持つことができますし、メールのやりとりでもすることができます。つまり、一人でいるようで、一人ではない気がします。

それが良いところもあります。SNSの繋がりで、世界中の人たちとコミュニケーションをとることができ、直接会うこともできるようになったからです。

ネットが無かった数十年前では考えられないことです。同じ地球で生活をしていても出会うことはなかったのに、出会うチャンスを与えてくれているからです。
 
 
 
 
しかし、その一方で、ネットに依存してしまう人たちがいることも事実です。

スマホの着信音が無いと不安になったり、孤独だと感じてしまったり。誰かと繋がっていなければ生活ができない人もいます。

私も、そこまでではありませんが、iPhoneを持ち歩いていますし、SNSを見ることもしています。

そんなときに、ふと考えが浮かんできました。

最近、一人になったのはいつだろうか?

私は、行動記録を残しています。記録を振り返ることで、自分一人で過ごしていた時間は、だいたいわかります。調子が良いとき、順調に物事が進んでいるときは、定期的に自分一人だけの時間を過ごしていることがわかりました。

では、この自分一人で過ごしている時間に何をしているのか。

私は、一人でいる時間を使って、行動記録を見ながら、過去を振り返ったり、今後のことを考えたりしています。

つまり、現実世界とは少しだけ距離をおいて、自分一人という孤独の世界にいたのです。

私の場合は、日常の世界の中に、自分一人という孤独になる時間があることで、物事が順調に進んでいることに気がつくことができました。

あなたが、自分一人で過ごしているときに気がついたことは何ですか?
 

■「今日の教訓」

 
自分一人で過ごしている時間は何をしているのかな。一人でいる時間の大切さを考えるのも良いと思うんだ。
 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする