タスクリストの順番が守りやすいものは、これだ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

office-620817_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

みなさんは、タスクリストに書かれている通りに進めていますか。

私は、行動記録を残すようになって3年ちょっとですが、最近になってようやく、タスクリストに書かれている通りに進めたほうが楽だし、ストレスも少ないことに気づきました。

遅すぎですよね(笑)。
 

■自分との約束を守ることで、理想の1日を過ごすことができる

 
タスクリストに書かれている通りに進めていくということは、自分との約束を守ることと同じです。

割り込みや想定外のことが起こって、順番に進めることができないこともあります。

でも、今日1日のタスクを書き出して、理想の1日のをデザインしたら、あとはタスクリストに書かれている通りに進めていけば、理想の1日を過ごしたことになるのです。

つまり、自分との約束を守ることで、理想の1日を過ごすことができるわけです。
 
 
 
 
タスクリストの完了したものを見るたびに、約束を守って進めていることもわかります。

タスクリストに書かれている通りにできないこともありますが、それはそれで行動記録として残すことで、振り返ることによって改善していくこともできます。

書かれていることを守っていくことで、自分を信じることになり、自信になっていくのです。

ということは、タスクリストの順番が守りやすいものがいいですよね。

私が採用しているのは、タスクシュート式と呼ばれているものです。

行動の記録をベースに、タスクリストを組み立てていくものです。タスクの見積時間を考慮し、自分の行動から、タスクリストを作っているので、タスクリストの順番通りに進めていけば、自分との約束を守ることにもなり、理想の1日をすごすことができるようになります。

あなたは、自分との約束を守り、理想の1日を過ごすことができていますか。
 

■「今日の教訓」

 
リストに書かれている通りに進めていくということは、自分との約束を守ることと同じだと思う。完了したリストを見るたびに、約束を守って進めていく自分に誇りを感じてもいい。この積み重ねが、自分を信じることになり、自信になっていくと思うんだ。
 
 
TaskChute.net

 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする