無駄だと思っていることでも、未来の投資になることだってある

sparkler-677774_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

これって、無駄なことかな。本当に、意味があるのだろうか。

毎日の生活のなかで、そう感じることがあります。

このままで、いいのだろうか。

先の見通しが立たないときに、よく起こります。
 

■やっていることが無駄なことのように思えたときこそ、目的は何かをはっきりさせたほうがいい

 
いま、やっていることが無駄なことのように思えたことはありませんか。

こんなことをやって、何になるんだろう。
時間の無駄ではないか。

そんなことを考えながら、悶々とすごしたことはありませんか。

いまやっていることが、この先に役に立つことがあるかは、はっきりしたことは誰にもわかりません。

でも、無駄なことに思えるようなことも、それが投資になることがあります。
 
 
 
 
たとえば、いまの仕事に不満を感じながら続けていて、これでいいのか。そう思っていたとします。

たしかに、不満を感じながらの仕事ですから、面白くはないでしょう。でも、いまやっている仕事が無駄だとは思えないのです。

そのことに少しでも早く気づくためには、目的をはっきりとさせたほうがいいです。

転職を考えているなら、いままで働いてきた経験や知識を整理し、まとめておくとか、少しでも不満を解消するために、自分ができることはないかを考えたりするのです。

何か目的があると、いまやっていることは、自分にとってどうなのか。

客観的に見ることができるようになります。

もしかしたら、無駄だと思っていることでも、未来の投資になることだってあり得るのです。

いま、やっていることが無駄なことのように思えたときこそ、目的は何かをはっきりさせたほうがいいのです。

無駄なことなんて、何一つ無い。

もし、そう思えるなら、その目的は本物だと思うのです。
 

■「今日の教訓」

 
無駄なことに思えるようなことも、それが投資になることがある。でも、それはあとになって気づくことも多い。少しでも早く気づきたいなら、目的は何かをはっきりさせておいたほうが、投資になるのか、無駄になるのか。その判断がしやすくなると思うんだ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly