他人からの指摘が気になるのは、自分の中に認められたい気持ちや、自分の価値観を守ろうとするから

military-662863_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

私は、他人からの指摘には気にするほうです。

言われたことに対して、いつまでも考え込んでしまうタイプでもあります(笑)。これがプラスに働けばいいんですけどね。
 

■他人からの指摘が気になったときは、自分自身を知るチャンスである

 
他人からの指摘が気になるのは、自分のことを気にしているということです。別に気にするのはいいのですが、これがマイナスに働いてしまうのは、困ったものです。

他人からの指摘ですから、あくまで他人目線で、他人の経験や価値観からの指摘です。

それはわかっているつもりでも、他人の視線を感じたり、他人が自分のことを話しているのではと思ったり。

気になりすぎて、疲れてしまうこともあります。

自意識過剰というやつですね。
 
 
 
 
他人からの指摘が気になるのは、自分の中に認められたい気持ちや、自分の価値観を守ろうとするからでしょう。

つまり、他人からの指摘が気になったときは、自分自身を知るチャンスでもあります。

他人からの指摘を、どう受けとめるのかは自分次第です。

腹が立つこともあったり、気分が悪くなることもあります。

自分が望んではいない指摘ならなおさらなことです。

少しでも、自分のエネルギーにプラスにしていくために、どこに反応したのか。どの部分が好きで、嫌いなのか。

そこから、自分自身を知り、プラスになるような行動を起こす。

それこそが、自分がコントロールできることをすることなのです。

あなたは、他人からの指摘を、どう受けとめていますか。
 

■「今日の教訓」

 
他人からの指摘を、どう受けとめるのかは自分次第。自分のエネルギーにプラスになるような行動に変換できるかどうかやってみよう。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly