重要なこと、大切なことをやらないと、どうでもいいことに時間を食い潰されていく


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

どうでもいいことばかりやっていたら、どうなるのか。

その答えは、重要で大切なことをやる時間がなくなります。

では、重要なこと、大切なことをやり続けていったら、どうなると思いますか。
 

■毎日が楽しい、充実している扉の入り口に立つために

 
重要なこと、大切なこと。

これは、100人いたら、100通りあるように、みんな違いますが、みんながもっていることだと思います。

それは、自分のことかもしれないし、家族のためなのかもしれない。ボランティア活動のような、見ず知らずの人に手を差し伸べることもあります。

だからこそ、重要なことや、大切なことに取り組んでいきたいと思うのも、みんな同じだと思います。

では、現実はどうかというと、やりたいことがあるのに時間がない、先送りをしてしまう。

その一方で、優先順位の低い、やりたくないことばかりをやっている。

そんな状態になっていませんか。
 
 
 
 
時間は限られていますから、できることも限られてきます。

1日の過ごし方、時間の使い方に注目が集まるのは当然といえますが、まずは重要なこと、大切なことに取り組むことを、一つずつでもいいので増やしていくのはどうでしょうか。

重要なこと、大切なことに時間を使えば使うほど、優先順位の低いものに取り組む時間は少なくなりますよね。

え?そんな簡単にはいかないよ。

たしかに、その通りだと思います。

どうでもいいこともやらなければいけないこともありますから。

でも、毎日が楽しい、充実している、満足だ。

そんな感覚を味わいたいなら、重要なこと、大切なことに時間を使っていかなければ、どうでもいいことに時間を食い潰されていくだけです。

最初に書きましたが、重要なこと、大切なことは、100人いたら、100通りあります。

あなたにとっての、重要なこと、大切なことは何でしょうか。

重要なこと、大切なことから始める1日は、毎日が楽しい、充実している扉の入り口になりますよ。
 

■「今日の教訓」

 
重要なこと、大切なことをやり続けていれば、優先順位の低いものは押し出されていく。もちろん、優先順位が低いやつもやらないと困るものもあるけど、満足や充実という感覚を味わいたいなら、大切なことから始めよう。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

とにかく、重要で大切なことを始めたもん勝ちなのです

順番にやっていけば終わるという仕組みができあがると、そのときの気分に関係なく、結果も出せるようになる

やりたいことが多いときは一つのことに集中して各個撃破していく