悔しさを感じたときこそ、精神や技術が磨かれていくよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

悔しいと思う体験。

これは、子供でも、大人でも感じる気持ちだと思います。
 

■悔しいという気持ちは、レベルアップするときのエネルギーになる

 
悔しいと思う瞬間は、スポーツをやっていて、相手に負けたときに体験しているのではないでしょうか。

子供のころ、野球やサッカーをしているとき、負けると悔しい気持ちになることが多かったことを思い出しました。

みんなで一つになって戦ったのに負けてしまったことに対しての悔しさでした。

悔しさを体験し、次は何を思うのかというと、今度こそ負けない、絶対に勝つ!という

次に向かう意思表示を仲間たちと共有していました。

失敗や負けることがあっても、次につながる瞬間ですね。
 
 
 
 
悔しさを体験する簡単な方法は、自分の実力よりも上のことに挑戦してみることです。

ある程度の力の差があることで、負けたときに悔しいという気持ちが現れます。

逆に、悔しさよりも、諦めてしまうこともありますが、これも今の自分の実力を知る良い機会ですから、ボロボロに負けて、立ち上がれないほどのショックを受けるのも良い経験になるのではないでしょうか。

悔しいという気持ちは、レベルアップするときのエネルギーになるんですね。

あなたは、悔しいと感じたとき、どうしていますか。
 

■「今日の教訓」

 
自分の実力よりも上のことに挑戦することで、精神や技術が磨かれて成長していく。だから、失敗や負けたとしても、必ず次につながる。たまには、ボロボロに負けるのも良いことかもしれないよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

自分の気持ちを書き出して、数時間後に読み返してみるといい。何ともない自分がいたりするから。気持ちとはそういうものかもしれない

成功するまで続ければ、必ず成功する。この気持ちは、大切にしていきたい

周囲の環境に影響を受けつつも、自分自身を見失わないようにしていこう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする