壁の存在を嫌がるのではなく、うまく利用していこう

改善
この記事は約3分で読めます。


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

目標に向かっていて、できることなら避けたいと思うのが、行く手を遮る壁の存在ではないでしょうか。

できることなら、壁なんてないほうがいいですよね。
 

■前に進む力を利用して、壁を乗り越えていこう

 
目標を設定しているときも、目標に向かっているときにも、突如して現れることがあるもの。

それは、「壁」という存在ではないでしょうか。

計画している段階で、壁の存在に気づくことができれば、対処する方法を考えることができますが、見えない、気づかなかった壁については、ぶつかったときに、その対応を考えなければいけません。

この壁という存在が、目標に向かうことを阻み、場合によっては断念をせざるを得ないこともあります。

でも、視点を変えて考えると、壁にぶつかるまでは進んだということですよね。

目標に向かって進んでいるときにも、いろいろなことを経験してきて、壁にぶつかったわけですから、その分だけ前に進んだということなんです。

あとは、壁を乗り越えるために必要なことを集め、壁を乗り越えるための挑戦をすればいいわけです。
 
 
 
 
と、書くのは簡単ですが、実際に壁にぶつかったときは、そんな余裕はないと思います。

しかし、壁にぶつかるまで進んだことは事実ですし、目の前にある壁を何とかしない限り先に進むことができないなら、障害物である壁を取り除くような行動を起こす必要があります。

ということは、自然とやるべきことが決まってきますよね。

壁を取り除くには、お金が必要なのか、人脈を頼るのか、それとも時間が経過するのを待つのか。

選択肢も限られてくるでしょう。

諦めてしまえば、そこでゲームオーバーです。

でも、壁にぶつかるまでは、前に進む力があったわけですから、壁を乗り越えるために必要なものだって集めることができるはずですよ。

壁の存在を嫌がるのではなく、うまく利用できるといいですよね。

目標に向かって進むとき、その主人公は「あなた」で、「壁」は景色の背景にすぎないのです。
 

■「今日の教訓」

 
目標に向かって進んでいるときに、壁にぶつかったということは、その分だけ前に進んだということ。前に進む力があるんだから、壁を乗り越えるために必要なものを集めることができるはずなんだ。
 
 
お問い合わせは、こちらからお願いします。

フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

行動を起こさないで、夢や目標を達成しようとしていないか

夢や目標を、ただ考えているだけでは、進んでいないのと同じだよ

今やっていることが目標につながっているか

タイトルとURLをコピーしました