今の気分は自分の意思で決めることができないのか


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

気分というものは、その時に感じているもので、自分では決められないと思っていました。

が、どうにかして決めたいと思う自分もいます。
 

■ポジティブ温泉とネガティブ温泉

 
気分とは、感情のこと。

感情は、心の中で勝手に湧き上がる温泉のようなものかなと思っています。

温泉の成分によって、ポジティブにもなり、ネガティブにもなる。温泉の温度の違いで、感情の差が現れるのではないかと。

どこでもいいから、地面を掘り起こせば温泉が湧きでるということはなく、ネガティブな気分は、心の中の弱さ、足りないところなどの弱点を突かれたとき、ドバッと温泉が湧き出て、感情として現れてくるのかなと、自分勝手に妄想しています。

そして、多くの人たちはネガティブ温泉よりも、ポジティブな温泉を望んでいるけど、ネガティブな温泉を選んで入っているような気がするのです。
 
 
 
 
今は温泉という言葉を例えに使っていますが、実際は気分や感情というものは、目に見えないものなのでわかりません。

でも、ずっとネガティブ温泉に入らなくてもいいと思うのです。

それなら、ポジティブ温泉にいこうか。でも、どうやって?

ということになりますが、違う温泉に入りたければ、場所を変えて入ればいいだけのこと。

つまり、ネガティブ温泉を十分に堪能した後は、ポジティブ温泉があるところに行けばいい。

気持ちを切り替えるなら、自分で決めて切り替えていく姿勢が大事だと思うのです。

好きな音楽を聴く、散歩に出かける、料理を作る、テレビを観るなど。

ポジティブ温泉の成分を確かめて、温泉の中に飛び込めばいいと思っています。
 
 
 
 
私だったら、ポジティブ温泉は「体を動かすこと」ですね。

ネガティブ温泉に入っているときは、頭の中で考えごとばかりをしていることが多いので、ストレッチやランニングをすることで、ポジティブ温泉に入ることができます。

最初は、ネガティブ温泉に入っていてもいいと思います。

でも、そのまま入り続けていたら、のぼせてしまい、湯あたりしてしまいますから、成り行きに任せずに、待ったをかけて、ポジティブ温泉へと場所を移していきましょう。
 

■「今日の教訓」

 
今の気分は自分の意思で決めることができないのか。成り行きに任せているとネガティブになることもある。最初は湧き出たものだからいいけれど、その後は明るい気分を自分で決めてもいいはず。成り行き任せに、待ったをかけよう。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

イライラを解消するために時間を使うのはやめてリストを使って行動を起こし結果を出していこう

感情に左右されて何もできなかった状態を回避するためには、タスクリストを信じて進めていけばいい

「感情」と「現状」を書き出した2枚を眺めたら、あとは行動するだけです