夢って、本人が決めたことなら、何でも夢になるんだよ


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

夢を語っている人を見て、どう思いますか。

いろいろな意見があると思うんですけど、あなたはどう思いますか。
 

■夢に向かって進むかどうかは、本人が決めることだから

 
夢をもちましょう。

子供の頃、学校やテレビに出演しているタレントさんや、スポーツ選手などが、「夢をもちましょう」と言っていました。

そうか、夢をもったほうがいいのか。

そう思った私でしたが、夢ってなんだろう。夢をもてと言われても、どうしたらいいのか。夢がもてなかった人は、どうなってしまうのか。

頭をフル回転させて考えても、子供の頃の私には、答えを出すことはできませんでした。

それに、夢といっても、小さなものから、大きなものまで。一人でできそうなもの、たくさんの人たちの協力が必要なものなど、いろいろな夢があります。

そして、夢をもつ人を応援する人もいれば、一緒に参加する人、馬鹿にする人、絶対にできるわけがないという人など、一つの夢に対しても、いろいろな人たちが現れますよね。

私も、夢を語っている人を見たとき、それは無理でしょ、できないよ。と、思うことがあります。

または、その夢に向かっている人を応援することもあります。

自分というフィルターを通して、夢というものを判別しているかのようですね。
 
 
 
 
夢があることで、前に進むことができるなら、そのほうがいいし、夢がなくても、深刻にならなくてもいいという考え方が、ベストなんじゃないかと思います。

どちらでもいいってことです。

ただ、夢って、本人が決めたことなら、何でも夢になるんです。

これが良いとか、悪いとか。その夢に対して、他人が言ったとしても、夢に向かって、前に進むべきです。他人が止める権利はないし、夢に向かって進むかどうかは、本人が決めるべきだから。

あとで、やっておけばよかったと後悔するのが嫌なら、思いきって夢に向かって進んでほしい。

そんな思いがあります。

もし、夢があるなら、そこに向かって進むことができる。

これほど、幸せなことはないですから。
 

■「今日の教訓」

 
夢って、本人が決めたことなら、何でも夢になる。これが良いとか、悪いとか。そんな夢はないと思う。もし、後悔するのは嫌だと思うなら、夢に向かって一歩前に進めばいい。夢に向かって進むことができる。これほど幸せなことはないからね。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

目標を具体的にしていかなければ、その夢を語ることは難しい

行動を起こさないで、夢や目標を達成しようとしていないか

夢と希望を現実のものにするために最初にやったこと