過去を見るのか。それとも、未来を見るのか


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

過去をふり返ることは大切なことなんですけど、過去ばかりを見ていては、前には進めないと思うのです。
 

■未来を見て、今を生きていく

 
過去をふり返ることは、とても大切なことだと思います。

過去は、今まで自分が経験したものが、すべてあります。

過去の経験をふり返れば、嬉しかったこと、楽しかったこと、辛かったことなどが、そこにあるわけです。

過去の話ですから、すでに結果はわかっていることばかり。

そして、その結果を変えてやることはできません。

あの時、やっておけばよかったと思っても、もうすることはできません。

当たり前じゃないかと思うかもしれませんが、過去をふり返り、それを背負っている人が多いのではないでしょうか。
 
 
 
 
後悔や挫折を感じるのは、過去を見ているからです。

また、未来を見ているときは、後悔や挫折が無いかわりに、不安や恐れを感じます。

現在というところでは、そのどちらも見ることが可能ですが、先に見えるのは未来しかありませんから、過去ばかりを見ていないで、未来を見る時間を増やしていったほうがいいと思うのです。

未来を見る時間を増やすと、不安や恐れと向き合う時間も増えることになりますが、先に見えるのは未来しかないし、良い方向へ変えることができるのは、過去ではなく、現在の自分です。

過去を見るのか。それとも、未来を見るのか。

どちらを見るのも自由です。

でも、最終的には

未来を見て、今を生きていく

ことになるのではないでしょうか。
 

■「今日の教訓」

 
過去を見るのか。それとも、未来を見るのか。現在というところでは、どちらも見ることができる。でも、先に見えるのは未来しかないし、そっちに向かうことになるから、未来に向けて行動を起こしていこう。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

どうすれば調子が良くなるのか。調子が良くなる前にやっていた行動をチェックしてみよう

過去にうまくいったことを鮮明に覚えているほど、それが現在でも簡単にできると勘違いしている

可能性を信じること。それは未来を変える力があるんだよ