今やっていることから、次にどう活かしていくのか。このサイクルがうまくいけば、いい感じの1日になるよ


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

今やっていることがわかり、次にやることがわかっていて、実行することができていれば、1日がいい感じで回っていきますよ。
 

■バトンを受け渡すサイクルを回すことができていますか

 
毎日の生活は、陸上のリレーのように、今やっていることから、次にやることへ、バトンを渡しながら、1日を過ごしています。

夜寝る時間をゴール地点とするなら、その間にバトンをうまく渡すことができなかったり、落としてしまったりして、うまくいかなかった日もあるはずです。

でも、やっとのことでも、バトンを渡し、リレーを走り終えることができれば、1日の終わりがやってきます。

だから、バトンの受け渡しが、きちんとできていれば、大きなストレスを減らすことができると思うのです。

そのためには、「今やっていること」と「次にやること」がわかっていることが最低条件になります。

「今やっていること」から、「次にやること」へ、バトンを受け渡すサイクルを回すことができれば、いい感じの1日に近づいていきます。
 
 
 
 
そのためには、走るコースと、バトンを受け取る場所が決まっていたほうがいいでしょう。

走るコースとは、今日1日の計画のことです。

まずは、走るコースの特徴を知っておくべきです。

平坦なコースもあれば、急な上り坂や、下り坂もあるでしょうし、大きく曲がるカーブでは、スピードを落とす必要もあります。

今日1日の計画も、すべてが同じではなく、やればすぐに終わること、誰かと一緒にやること、外出先でやることなど、様々なタイプの作業(タスク)があり、それが1日の計画として入っていますよね。

1日の計画を見て、どんな走りをするのか、いちばん辛い場所はどこになるのか、ペース配分を考えたほうが、ゴールに到着する確率も高くなります。
 
 
 
 
次に、バトンを受け取る場所ですが、作業(タスク)と作業(タスク)の間がはっきりわかるようにしておきましょう。

そうしないと、バトンを受け渡すことが難しくなります。

1日の計画のなかに、作業(タスク)をたくさん詰め込みすぎないように、ほんの数分でもいいので、空白の時間があるといいですね。その空白の時間を使って、次の作業(タスク)の準備もできますから。

リレーでバトンを渡すとなれば、作業(タスク)の順番が決まっているのが理想です。

そうでなければ、バトンを渡す相手がわからなくなり、探し回ることになるので、バトンの受け渡しにも失敗してしまいます。

やる順番が決まっていて、作業(タスク)の手順書があれば、迷わずに次へ、バトンを受け渡すこともできるでしょう。

バトンの受け渡しは、呼吸をするときのように、できるだけ自然にできるのがいいと思います。

そうなってくると、タスク管理ができるようになっていると、かなり有利になります。

タスク管理をして、レビューもできるようになっていれば、今やっていることから、知識や経験を吸収することもできるようになり、それを次の作業(タスク)へと放射する(伝える)こともできるようになるので、「今やっていることから、次にどう活かしていくのか」を、無理なく考えることができるようになってきますよ。
 

■「今日の教訓」

 
今やっていることから、次にどう活かしていくのか。このサイクルがうまくいけば、いい感じの1日になるんじゃないか。今やっていることから、知識や経験を吸収し、次にやることに、放射していく。呼吸のように、息を吸って、その息を吐く。そうしないと苦しくなるから。
 
 
お問い合わせは、こちらからお願いします。

フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

タスクリストやチェックリストの順番を守ると、考える時間や悩む時間を短くすることができるよ

タスクの順番と時間を守ることによって、サクサク進むことができる

計画を進めていくための、シンプルな2つの公式