自分を知るためのコツは、自分の体の動きや、体の使い方をチェックすればわかってくるよ


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

体の動き、体の使い方で、現在の状態がわかったりするものです。

風邪を引き、熱っぽいと感じているところを想像してみてください。
 

■体の動き、体の使い方に意識を向けることは、自分に意識を向けることでもある

 
風邪を引き、熱っぽいわけですから、やる気が満ちていたり、元気なわけがありませんよね。

体が重く、軽い頭痛もする。あれこれと考えられる状態ではない。できることなら、横になって眠りたい。

個人差はありますが、風邪を引き、熱っぽいときの体の動き、体の使い方があります。

逆に、元気で健康なときも、その状態での体の動き、体の使い方というのもあるはずです。

しかしこれらは、無意識でやっていることが多く、意識して体の動きをチェックしなければ気づかないことも多いです。

他人の仕草や動きには敏感な人はなおさらで、自分のことには気づいていないのではないでしょうか。

体の動き、体の使い方に意識を向けることは、自分に意識を向けることですから、自分の状態を知るうえで、とても大事なことなんです。
 
 
 
 
たとえば、今どこを見ていますか?

おそらく、スマホや、タブレット、パソコンから、このブログを読んでいると思います。

ブログを読んでいるときに、どこを見ているかなんて、いちいちチェックはしていないでしょう。

ブログを読むという動作を自然にやっているはずです。

今はどこを見ているのか?

そのように意識して始めて、自分がどこを見ているのかを確認しますよね。

自分の体の動き、体の使い方というのは、自分ではよくわからないものなんです。

でも、他人の体の動きや、体の使い方は、実際に目で見ているので、よくわかるし、目立ちますよね。

だから、他人のことばかりを気にしていると、自分のことがよくわからなくなるのも、納得できると思います。
 
 
 
 
自分のことを知るためのコツは、自分の体の動きや、体の使い方を少し意識するだけで、現在の状態がわかるんです。

どこを見ているのか。どの方向を意識しているのかでも、現在の状態がわかってきます。

前を向いているときは、行動しているときなど、プラスのイメージが想像できますし、後ろを見ているときは、過去をふり返ったり、不安だったり、下ばかりを見ているときもあります。当然のことですが、下ばかりを見ていては、前に進むのは難しくなります。

こんなときこそ、一度立ち止まって、自分の体の動き、体の使い方をチェックするといいですね。

自分の体の動き、体の使い方をチェックして、より良い方向へ軌道修正していきましょう。
 

■「今日の教訓」

 
どこを見ているかによって、現在の状態がわかったりする。前を見ているときは、行動をしているとき。後ろを見ているときは、過去をふり返ったり、不安だったり。下ばかり見ていると、前に進むのは難しいよ。
 
 
お問い合わせは、こちらからお願いします。

フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

自分の部屋の状態は、今の自分の状態を示している

相手の見え方が変わるかどうかは、自分次第なんですよ

偽物の安心感の正体は、自分自身を正当化していること

タイトルとURLをコピーしました