掃除をしたり、整理したり。きれいにしておくことは、余計なことや、無駄な時間を使わずにすむ効果があるよ

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

macbook-laptop-computer-desk-lamp-plant-pot-room
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

汚いよりも、きれいなものがいい。

これは、多くの方がそうだと思います。

汚いのは、イメージも良くないですし、衛生面のことを考えたとき、きれいな状態のほうが良いですからね。
 

■汚いほうが、居心地がいいと思っているかもしれない

 
今は、「物を持たない暮らし」という言葉や、ミニマリストと呼ばれている方もいます。

ブログなどで、自宅の部屋の写真を紹介されていますが、ほとんど何もない、スッキリして、整理された空間を見ると、すごいなと思っています。

自分の部屋と比べてしまうんですよね~(笑)。

汚い部屋より、きれいな部屋のほうがいい。

これは、見た目もそうですし、自分の部屋ですから、生活の拠点となる、いわば自分の城ですからね。

汚い部屋だと、掃除も大変ですし、物で溢れかえっていると、捜し物をするのも苦労します。

もし、それでも汚い部屋でもいいと思っているなら、その環境に慣れてしまっている可能性があります。

汚いのが当たり前になっているんですね。

汚いほうが、居心地がいいと思っているかもしれません。
 
 
 
 
私も、今のままでいいという考えの持ち主です。

でも、だからといって、掃除や片付けをしなくても大丈夫かというと、やっぱりダメです。

定期的に掃除をしたい、片付けをしたい気持ちがやってきます(笑)。

掃除をするたびに思うのですが、きれいにしておくと、余計なことや、無駄な時間を使わずにすむことは分かっているつもりです。

が、(笑)。

放っておくと、汚い部屋に逆戻りします。

もう一度、「きれいにしておく」ことについて、考えてみます。

あなたの部屋は、きれいにしてありますか。
 

■「今日の教訓」

 
汚い部屋よりも、掃除をしたり、整理したり。きれいにしておくことは、余計なことや、無駄な時間を使わずにすむ効果があるよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
Photo via VisualHunt.com
 
 

 
 

 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事