自分の感情の注目すべきところは、反応したあとに何をしているか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

pexels-photo-135013
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

時々、自分の感情って不思議だなと思うことがあります。

どうして、こんなことで反応してしまうのだろう。

今の自分の感情は、他の人たちと同じなのかな。

考えたところで、どうってことはないのですが、気になってしまうんですよね。
 

■自分自身を変えていく必要がある

 
目の前のことに反応して、感情がでてくると思っています。

それは、脳が指示をだしているわけですが、その感情をコントロールしたいのです。

こんなことを書くと無理だと言われそうですけどね。

今の自分の感情は、親や周囲の環境の影響を受けているので、それをコントロールするなんて難しいのは分かっているつもりですが、いつまでも嫌な気分のままでいるのを何とかしたいという気持ちがあります。

特に、人間関係で悩んでいるときは、自分の感情と相手の感情がぶつかり合うことになるので、相手の感情をコントロールするのは無理でも、自分の感情だったら何とかできるのではないかと思うのです。
 
 
 
 
だから、他人というよりも、自分自身に原因があると考えたほうがいいですよね。

相手を変えることはできない。

その前提にたてば、自分自身を変えていく必要があるからです。

なぜ、「反応をしてしまうのか」よりも、反応したあとは何をしているのか。

そこが、大切なところですね。

あなたは、自分の感情について考えたことはありますか。
 

■「今日の教訓」

 
自分の感情って、何かに反応して現れているよね。なぜ、反応してしまうのだろう。他人というよりも、自分自身に原因があることに気がつけば、治す治療薬を開発できるよね。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする