チェックリストは間違いを減らす役割もある

6802526978_bb8109929f
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

みなさんは、間違いをするときは、どんな場面が多いですか。

私は、慌てているときは、圧倒的に間違えてしまう確率が高くなります(笑)。
 

■間違いを減らすために、丁寧にやっていく

 
間違いは、誰にでもある。

そりゃそうだけど、間違えたら困ることってありますよね。特に仕事の場合は、間違えちゃった、失敗しちゃったじゃ許されませんよね(笑)。

私も、仕事が立て込んでいたり、時間に追われて慌てているときは、間違えることが多くなります。

いつもなら、当たり前のように簡単にできていることでも、思いっきり間違えます(笑)。

慣れている作業ほど、動きを体が覚えているはずだから、大丈夫だと思って間違えます。

間違えれば、間違えるほど、オレってダメじゃん。

自分自身に対して、ダメ出しが始まります(笑)。

ちょっと疲れているのかな。ストレスがたまっているのかな。いや、決してそんなことはないと言い聞かせます。
 
 
 
 
急げば急ぐほど、上手くいかず、間違える確率も高くなる傾向が私にはあります。

こんなときは、一つひとつの手順を丁寧にやるようにしています。

丁寧に?
どうやって?

もっともな疑問だと思います。丁寧にやれといっても、何をどこまでやればいいのかわかりませんよね。

私がやっている方法は、チェックリストを見ながら、完了したらチェックをいれていくものです。

たったこれだけのことでも、間違いをかなりの高い確率で防いでくれます。

特に、仕事の場合は同じようなことを繰り返すので、チェックリストを作ってしまえば、何度も使い回すこともできます。

チェックリストを見ながらやっていたら、さらに時間がかかってしまうと思う方もいるかもしれませんが、間違えて時間を失うよりは節約になるのではないでしょうか。

リストの順番通りに進めていけば、どこまで進んだかもわかりますから。

急ぎたいからこそ、丁寧にやるようにすれば、結果として間違えることが減り、最も速く作業をすすめることができます。

それを実現するために、私はチェックリストを使っているのです。
 

■「今日の教訓」

 
慌てている時は、間違いも多くなるものだよね。こんな時は、急げば急ぐほど、上手くいかないものだ。あえて、一つひとつの手順を丁寧にやったほうが、間違わずに早くできたりするんだよね。急ぎたいからこそ、丁寧にやることが最速なんだよ。
 
 

 
credit: Aristocrats-hat via FindCC