ほどほどの速さと、適度な休息を取り入れたほうが、疲れにくく、急いでいるよりも、早く終わらせることができる

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

girl-1219832_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

どこで、休息をとろうか。

仕事をしているとき考えることがあります。

もちろん、仕事はちゃんとやっていますよ(笑)。

できることなら、疲れたくはないし、休むのなら、気持ちもリフレッシュして、次に進みたいからです。
 

■日常生活では命の危険が無いので、一気に、効率よく、速くすることばかりを考えてしまう

 
山を登ろうとするなら、ルートを決めますよね。

普通なら、一気に頂上を目指すことはしません。

険しい山道を登っていくわけですから、どこかで休息をとるはずです。

それに、ただ頂上まで行けば良いのではなく、途中の景色を楽しみながら進みたいので、どこかで休む必要があります。

一気に、山を登れば、その分だけ頂上に到達するのが速いかといえば、そうでもなく、途中で休息をしながら一定のペースで進んでいくほうが、疲れにくいし、安全に登ることができます。
 
 
 
 
これは、山登りだけではなく、日常生活も同じことがいえます。

ただ、日常生活では命の危険が無いので、一気に、効率よく、速くすることばかりを考えがちです。

これが、山登りだったら、間違いなく遭難することでしょう。

急ぐことばかりを考えると、危険な目に遭う確率も高くなりますし、急いだ分だけ、途中で失速することは明らかだからです。

日常生活でも、ほどほどの速さと、適度な休息を取り入れたほうが、疲れにくく、結果として急いでいるよりも、早く終わらせることができるのです。
 

■「今日の教訓」

 
急げば、早く終わるかといえば、そうでもない。急いだ分だけ疲れて、途中で失速してしまう。ほどほどの速さと、適度な休息を取り入れたほうが、疲れにくく、結果として急いでいるよりも、早く終わらせることができるよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事