できない理由の中には、「本当にできない」理由もあるが、それほど多くはない

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ice-climbing-1247606_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

やりたいと思っていたことができなかったとき、あなたはどんな気分になりますか。

悔しい。
仕方がない。
また、次にやればいい。

何ともいえない気分になることがありませんか。
 

■やって後悔するのか、やらなくて後悔するのか

 
何ともいえない気分というのは、モヤモヤしたり、イライラしたりすることです。

やりたいと思っていたことができなかったとき、少なからずストレスを感じます。

明らかな理由があっても、自分で勝手にやらないと決めたときでも同じです。

もちろん、ストレスは、人それぞれで差はあります。

私のように、やらなかったことを、いつまでも後悔し、グダグダしているストレス(?)もあります。
 
 
 
 
後悔したくないなら、やればいい

と考えることもあります。

でも、それが難しい(笑)。

何かを始めようとすると、できない理由が次から次へと出てくるからです。

できない理由の中には、「本当にできない」理由もありますが、それほど多くはないでしょう。

なぜなら、ストレスを感じたり、後悔の気持ちがあるからです。

ストレスや後悔があるのは、やればできたと思っているから。または、たとえできなかったとしても、行動を起こすことができたのにやらなかったからです。

後悔や悔いを残したくなければ、実際に行動を起こすしかありません。

やって後悔するのか、やらなくて後悔するのか。どちらが良いのか、自分で選べばいいのです。
 

■「今日の教訓」

 
やりたいと思っていたことができなかったとき、やはりストレスを感じる。あきらかにできない理由があるなら仕方がないけど、やろうと思えばできたなら、後悔だけが残ってしまうよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事