朝の目覚めが良かろうと悪かろうと、目が覚めた瞬間から1日が始まっているということに決めちゃった

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

sun-1305741_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

朝は、気持ちよく目覚めることができていますか。

朝の時間の使い方は大事だと、よく聞きます。

大事だとは、分かっているつもりでも、二度寝をしたり、布団からでることができずにいたりしますよね(笑)。
 

■朝、目が覚めた瞬間から1日が始まっている

 
私は、朝型人間なので、早起きの生活をしています。

でも、気持ちよく目が覚めているかといえば、そうでもありません。

なかなか起きることができないこともありますし、起きたとしてもグダグダしていることもあります(笑)。

1日のスタートは、朝の目覚めから始まるので、目覚めが悪いのは、勿体ないな~と思っています。

少しでも、目覚めをよくするために、前の晩は早めに寝たり、遅くまでPCやスマホの画面を見ないようにして、努力はしております(笑)。

それでも、あまり効果を感じることができなかったので、考え方を変えてみました。
 
 
 
 
それは、「朝、目が覚めた瞬間から1日が始まっている」ということにしました。

朝の目覚めが良かろうと悪かろうと、目が覚めた瞬間から1日が始まっているということに決めちゃったのです。

不思議なことに、前提を変えてみると、目が覚めたときに、1日が始まったんだという気持ちが出てきました。

1日が始まったんだから、朝一番に、自分がやりたいと思っていることを始めてしまえということで、ファーストタスクをやっています。

ファーストタスクでは、読書をしたり、ブログの下書きを書いたり、好きなことをしています。

自分がやりたいと思っていることなら、何でもOKとしています。

目が覚めた瞬間から、1日が始まっていることにしたら、1日の時間の使い方も変わっていきました。

そもそも、朝になると目が覚めることって、すごいことなんですよね。

眠れば、必ず目が覚めると思っているからです。

あなたも、朝の目覚めについて、考えてみませんか。
 

■「今日の教訓」

 
朝、目が覚めた瞬間から1日が始まるとしてみるといいよ。1日の時間の使い方も変わってくるから。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事