自分を知る絶好のチャンス!人目を気にすることは悪いことじゃないんだよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

24870079320_f8ec116e33_z
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

人目を気にすることはありませんか。

私は、けっこう気にするタイプです

周りにいる人たちが、自分のことを見ているとか、話をしているとか。

いちど気になりだしたら止まらないこともあります。
 

■やっぱり、他人は自分を映し出す鏡のようなもの

 
人目を気にしすぎると、本当に疲れます。

そりゃそうですよね。他人のことばかりを気にして、自分のことは置き去りになっていますから。

他人と関わっているだけで、エネルギーがどんどん消費されていく感じです。

何とかしたいと、ずっと前から思っていました。

でも最近は、半分は諦めています。

どんなに気をつけても、気になるものは気になってしまうからです。
 
 
 
 
ただ、どうして気になるのか。

その理由というか、原因を考えることにしています。

完璧な答えを求めようとするのではなく、遊び感覚でやっています。

他人を気にしているときに自分は、劣等感があったり、嫉妬していることがあったり、不安なときもあり、現実逃避をしていることがあることが分かってきました。

こうして、他人が気になる理由や原因を考えていると、やっぱり他人は自分を映し出す鏡のようなものだと、あらためて感じています。

決して、他人が悪いのではなく、自分の心の中で何かが反応を起こしている。

そこには、自分がやってみたいこと、憧れていること、好きなことや、嫌いなことが隠れていると思うのです。

そんなことを考えていたら、人目を気にすることは悪いことではない。

他人というフィルターをとおして、自分自身が感じ、反応しているんだ。

自分を知る絶好のチャンスなんだ。

そう感じながら、今日も人目を気にしていました。

あなたは、人目を気にすることがありますか。
 

■「今日の教訓」

 
人目を気にすることは悪いことじゃない。でも、何だか心苦しいと感じるなら、そこには自分がやってみたいことや、憧れているものが隠れているかもしれないよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
Photo credit: Kristoffer Trolle via VisualHunt / CC BY
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする