イライラを解消するために時間を使うのはやめてリストを使って行動を起こし結果を出していこう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

medium_2297124619
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

感情のコントロールができたらいいな。

そんなことを考えることがあります。

特に、イライラしている時に(笑)。

もし、コントロールできるのなら、これほど楽なことはないと思ったこともあります。
 

■次の行動の選択を意識するためにリストを使う

 
でも、感情をコントロールすることは難しいです(笑)。

イライラしている時に、明るく元気になれといったとろこで、そんなことできるわけないだろうと、さらにイライラしちゃいます。

だから、自分の都合のいいように、好きな感情だけを残すことなんて無理ですよね。

無理なものを、無理矢理できるようにするほど暇ではないし、エネルギーを無駄に使うだけです。
 
 
 
 
こんな時、私だったら「リストの力」を利用します。

私が使っているリストたちは、普段の行動記録を元にして作られたタスクリストやチェックリストのことです。

イライラしたりして、感情的になっていると、正しい判断をすることも難しくなりますし、次の行動を起こしにくいものです。

そんな時、私は、リストを眺めて行動の選択を意識するようにしています。

もちろん、イライラしていますから、次の行動の選択を意識することだって難しいことは分かっています。

それでも、リストを眺めていると、ブツブツ文句を言いながらも(笑)、リストの順番に従って行動をし始めます。

すると、当然のことですが、リストに書かれた結果を出すことができます。

ただ、イライラして当たり散らして行動停止の状態になるよりは、タスクリストやチェックリストに書かれていることをやって結果を出すようにしたほうがいいと思います。

そうしないと、1日の計画を進めることができずに、さらにさらにイライラしちゃいますから(笑)。
 
 
 
 
タスクリストやチェックリストは、イライラしたり、ネガティブな気持ちになっていない、普通の状態の時に作られたものです。

だから、イライラしているかなど関係ないのです。

とにかく、リストの順番を守るようにして処理していけばいい。

イライラを解消しようと必死になったり、感情的になって、周りに流されて辛い思いをするぐらいなら、イライラしながらも、リストを信じて行動を起こしたほうがいいと思うのです。
 

■「今日の教訓」

 
感情的な時こそ、行動の選択を意識したほうが良いみたい。難しいかもしれないけど、周りに流されて辛い思いをしたくはないよね。自分が選択した行動に責任を持つことって大切なことだと思うんだ。
 
photo credit: Katie@! via photopin cc
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする