熱意や情熱に変えたければ、自分の気持ちを知ろう


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

自分の気持ちが、どこを向いているのか。

そのことに気づくことは大事なことだと思っています。
 

■自問自答することができれば、自分の気持ちに意識が向く

 
自分の気持ちが分かっている状態。

つまり、いま自分が何を考えているのか。正確に分からなくてもいいけど、自分自身に意識を向けることができるなら、それは自分と向き合うことができていることだと思います。

逆に、他人のことばかり考えると、他人が優先になり、相手に意識を向けることになりますから、自分と向き合うことはできなくなりますよね。

目の前にいる相手に意識を向けることが悪いわけじゃないのですが、相手のことばかり考えていたら、自分自身のケアができなくなります。

その結果、他人に振り回されていると感じることもありますよね。
 
 
 
 
他人のためにやっていると思っていても、そこには認めて欲しい気持ちや、自分のことを気にしてほしいという気持ちがあったりするものです。

他人のためにではなくて、結局は自分のためにやっていることがあるんですね。

他人ばかりに気を取られていたら注意が必要ってことです。

「いま自分がやっていることは何か」

自問自答することができれば、自分の気持ちに意識が向くはずです。

自分の気持ちに意識を向けてから、他人のために行動することもできますよね。

目の前の相手に意識を向けるよりも先に、自分の気持ちに意識を向けてから、他人のために行動を起こせるなら、きっとそこには熱意や情熱が加わり、他人に対して貢献することができるでしょう。

目の前にいる人を本当に助けたい。何かあれば手伝いたい。協力したい。

自分の気持ちが、どこを向いているか分かっているから、熱意や情熱に変わるんですね。

あなたの気持ちは、どこに向いていますか。
 

■「今日の教訓」

 
自分の気持ちが、どこを向いているのか。それに気づくには、「いま自分がやっていることは何か」を自問自答できるかだと思う。気持ちという目に見えないものを、自問自答することで、熱意や情熱に変えていこう。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

これに気がつけば、気持ちを切り替えることができているよ

調子が良い状態にもっていくための条件を知っておく

自分を大切にしたければ、今の気持ちを感じてあげればいい