自分の枠の外に出るために、自らをアウェーの状態にしてみよう


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

サッカーなどのスポーツでは、ホームとアウェーに分かれて試合をすることがありますが、あなたがいる世界の環境はどうなっていますか。
 

■慣れた環境がいいと思いつつ、新しい刺激や変化を求めている

 
普段の生活は、自分にとって、ホームと言える場所だと思います。

住んでいる家、住んでいる地域、周りにいる人たち、使っている言葉や習慣など。

もう、当たり前のことで、慣れきっているので気づかないこともあるはずです。

では、自分にとって、アウェーと言える場所。

たとえば、海外に行けばわかりますが、環境が激変します。

文化や習慣などは、まるごとひっくり返したかのように変わりますから、居心地が悪く感じることもあるでしょう。

環境が変わったから、当たり前じゃないか。

という方もいると思います。

大事なのは、そのままでいると、自分の環境でもあるホームにいる時間が長くなるということです。

環境が激変するよりも、慣れた環境のほうがいいですからね。

生活習慣のことを考えても、やっぱり慣れた環境のほうがいいでしょう。
 
 
 
 
しかし、それでは変化がほとんど生まれない環境です。

人間は、慣れた環境がいいと思いつつ、新しい刺激や変化を求める動物です。

退屈な状態にはなりたくはないんですね。

となれば、ホームの状態から、アウェーな状態に行こうとします。

簡単な外出も、違う場所、違う時間を過ごすことになるじゃないですか。

それは、自分の枠の外に出るということになりますよね。

もし、今の生活に不満がある、居心地が悪いと感じるなら、ホームからアウェーの状態にするときがやってきたのかもしれません。

ホームでは無敵でも、アウェーでは厳しいことになることもありますが、外に飛び出してみるのも良い経験になると思います。

ホームでは無敵だけど、アウェーだと全然ダメでは困りますから。

特に、大人の私たちは、一定のパターンで暮らしていることが多いので、違う人、違う場所、違う時間を体験することは大事ですよ。
 

■「今日の教訓」

 
自分の枠の外に出るには、自らをアウェーの状態にしたほうがいい。違う人、違う場所、違う時間。外に飛び出して行こう。 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly