イライラ

人間関係

自分の思い通りに行かないときに思い出している言葉

腹を括って、自分ができることをやっていくほうが、最後には良い方向へ進みますよ
人間関係

自分は正しい。しかし、お前は間違っている

他人という軸から、自分を軸として物事を見たり、考えたりすることができれば、他にも選択肢があることに気がつくことができます
人間関係

感情を道具として使っていこう。感情の選択肢の幅が広がるよ

自分が使っている感情は、どんな場面で、誰に対して使っているのでしょうか
人間関係

紙に書き出すという、簡単なことを忘れていませんか

もし、忘れてしまっているなら、思い出してみてください
人間関係

イライラや、不満なんて、その程度なのかもしれないと思えるようになるために

複雑そうに見えても、実際はたいしたことはないかもしれません
タスク管理

他人のせいにしたり、文句を言ったりする時間を減らすためにしていること

時間通りにはいかないことがあることを前提に、自分ができることを試していきましょう
人間関係

自分のこともコントロールすることができないのに、他人をコントロールするなんて無理に決まっている

自分をコントロールすることに、意識を向けたほうがいいですよ
思考・考察

私がやっている気持ちを切り替える方法

自分のやり方でいい。世界でたったひとつあればいいのです
感情・気持ち

イライラするのが嫌なら、それはイライラを感じる練習が必要なのかもしれないよ

イライラするのが嫌なら、逆にイライラを感じまくったほうがいいですよ
思考・考察

とりあえず、始めてしまったほうが、できない理由探しの旅に行かなくてすむ

やりたいことがあれば、とりあえずでもやってみること。これを基本にしていきたいものです