疲労

思考・考察

集中して疲れを感じたときは、どうするのか。必要な準備をしておこう

疲れを感じてしまってからでは手遅れです。事前に、必要な準備を整えておけば、短時間で復活できるでしょう
健康

問題なのは、疲れを感じているのに、そのままにしていること

疲労との向き合い方ひとつで、そのあとの行動にも影響が出てしまうでしょう
健康

何もしたくないという気持ちを、もっと大切にしてみよう

何もやらないことも、大事ですよね
健康

眠ることで、いろいろなものが回復してしまう

何をやってもうまくいかないときほど、睡眠をとったほうがいいのかもしれません
タスク管理

なかなか終わりが見えてこないなと思ったとき、自分だったらどうするか

少しずつでも、進んでいったほうが、行き当たりばったりな動きよりも無駄な動きをしなくてすみます
健康

疲れを感じているときは、ハードルを下げて実行。やめるという選択肢もあってもいい

疲れを感じているときは、元気なときと同じようにする必要はないのです
健康

眠っていた時間で、ある程度の疲労度が見えてくる。無理をせずに休むか、ハードルが低い作業に変えていくのも作戦の1つだよ

ちょっと仮眠をするつもりが、たくさん眠っていたとき、その分だけ疲労が蓄積されているかもしれませんよ
人間関係

疲れているのに無理をしても、良い結果が出る確率は少ない

疲れているときは、迷惑をかけてもいい。そのかわりに、体力が回復して元気になったら、周りの人たちに恩返しをしましょう
健康

体調不良のときは、おとなしく休む。無理をせずに、行動するなら安全運転で。そうすれば、最終的には最も早くゴールにたどり着ける

迷惑をかけないようにがんばったとしても、結局はさらに迷惑をかけるようになってしまうので、体調を回復するように行動しましょう
タスク管理

無理なく続けるには、少しずつ、ベストの時間帯でコツコツ貯金していく感じがいい

急いでやって、疲れ果てるよりも、無理なく続けて疲れ知らずのほうがいいと思うのです