不満というものは、前に進むエネルギーにもなるが、逆にブレーキをかけてしまうこともある

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

pit-crew-558087_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

不満を感じたり、イライラしているときは、どんなときですか。

多くの場合、自分の思ったとおりにならないときに起きていませんか。

しかも、同じようなパターンで不満を感じたり、イライラしていませんか。
 

■不満は、次に進むためのエネルギーにもなる

 
不満というものは、決して無くならないものだと思っています。

ひとりで生きているわけではないので、自分の思い通りに進むことはありえないからです。

たとえ、ひとりで生きていたとしても、今度は自分自身に対して不満を持つことになるでしょう。

しかし、不満がきっかけとなり、新しいことに挑戦することもできますよね。

たとえば、1日の時間の使い方に不満を感じて、時間管理の本を読んだり、セミナーに参加して、時間の活用について学んだりすることもありえるわけです。

これは、不満がきっかけとなって、行動を起こしたことになりますよね。

不満は、次に進むためのエネルギーにもなるのです。
 
 
 
 
でも、正直にいって、不満ばかりが続いてしまうと疲れてしまいます。

だからこそ、不満を減らす、不満を和らげるようにしていきたいものです。

不満を感じることが避けられないのなら、その不満を受け入れるしかありません。

ジタバタして、抵抗するだけ無駄ですから(笑)。

ここで大切なことは、自分を見失わないことです。

不満というものは、前に進むエネルギーにもなりますが、逆にブレーキをかけてしまうこともあるので気をつけておきたいところです。
 
 
 
 
こんなときにも、タスク管理や、チェックリストが役に立ちます。

自分なりのルールを作り、それを守るように心がけるのです。

不満を感じているときは、自分自身を見失い、舵を取ることができなくなった船のような不安定な状態になっています。

難破船ですね(笑)。

舵を取れるようにするには、自分なりのルールを作り守るようにするだけでも違ってきます。

不満を感じて、同じことを繰り返すよりも、それ以外の違うことを試していくことが大切です。

タスク管理や、チェックリストを試すことに利用することもできますよ。
 

■「今日の教訓」

 
何か不満があるなら、自分なりのルールを作り守るようにして、舵を取ることができるようにしたほうがいい。不満を感じて、同じことを繰り返すよりも、違うことを試していく姿勢が大切なんだ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする