決断や決意の気持ちを大切にしていけば、そのタイミングがやってきたときに迷わず行動することができる

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

treadmill-1201014_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

自分が決断したこと。決意したこと。

最初は、その勢いで進むことができたとしても、途中で迷ったり、撤回したいと思ったりもしますよね。
 

■決断や決意の気持ちを、しっかりと持って生活しているか

 
人生は、選択の連続です。

ほとんどのことは、自分が選択していることが、そのまま結果として現れています。

もちろん、幼い子供のころは、周りの大人たちに依存して、影響を受けています。

何が正しい選択で、何が間違った選択なのか。

それを決めるのも、自分ですることができます。

それだけ、決断することは大切なことですし、ものすごいエネルギーを使うことになるのは間違いありません。

たとえば、会社を経営しているなら、社長の一言で、会社が右にも左にも動くことにもなりますから、責任が重く大きなものとなります。
 
 
 
 
小さな決断、大きな決断。
簡単な決断。難しい決断。

何かを決めるということは、何かをやめることにもなります。

何かをやめることは、何かを犠牲にすることにもなります。

でも、決断を下したから、迷わず進めとか、撤回するなとは言うつもりはありません。

決断を下したときは、それがベストだと思ったから。または、他に選択肢がなかったから。

様々な状況から判断を下したわけですから、それはそれで尊重するべきです。
 
 
 
 
大切なのは、その決断や決意の気持ちを、しっかりと持って生活しているかです。

最初に書きましたが、人生は選択の連続です。

何が正しい選択で、何が間違った選択なのか。

それを決めるのも、自分ですることができます。

だからこそ、決断や決意の気持ちを大切にしていけば、そのタイミングがやってきたときに迷わず行動することができるようになります。

事前の予行練習や準備をしておくのと同じなのです。
 

■「今日の教訓」

 
自分が決断したこと、決意したこと。それを実行するには、ものすごいエネルギーが必要かもしれない。だから、迷ってもいいし、撤回するのもいい。その決断や決意の気持ちを、しっかりと持って生活していれば、そのタイミングがやってくるよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事