迷惑をかけていく練習を始めています

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

clover-1225988_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

ちゃんとやろう。
しっかりしよう。
迷惑をかけたらダメだよ。

子供のころ、親に言われたことがあります。

別に、間違ったことは言っていないのですが(笑)。

大人になった今、私を苦しめている言葉でもあります。
 

■すべて、他人が基準となっているので、めちゃくちゃ苦しみました

 
「迷惑をかけたらダメだよ」
「迷惑さえかけなければ、何をしてもいいよ」

この2つの言葉は、親が私によく言っていた言葉でした。

「迷惑」という言葉が悪いわけではありません。

人に迷惑をかけたらダメ。でも、迷惑をかけなければいいよ。

親にとって、子供に向かって話すときには、都合の良い言葉ですよね。

でも、子供のころの私は悩んでいました。

迷惑をかけないということは・・・

●他人に嘘をついてはいけない
●他人との約束は守らなければならない
●他人の話は聞かなければならない
●他人の機嫌が悪くなるようなことをしてはいけない

子供なりに考えて、他人に迷惑をかけないようにしていました。

すべて、他人が基準となっているので、めちゃくちゃ苦しみました。

そりゃそうですよね。他人に合わせて動くわけですから。

子供のころは、親の言うことを信じていたし、疑うことはありませんでした。
 
 
 
 
さすがに、大人になった今では、そんなことはありません。

が、たまにですけど、子供のころにやっていたことをしてしまうことがあります。

迷惑をかけたらいけない。

その気持ちが強く出てしまうのです。

しかし、必要以上に迷惑をかけないように行動していくのは、明らかにおかしいことですよね。

だから、迷惑をかけていく練習を始めています。

練習?

これまたおかしなことを始めたなと思う方もいるかもしれません(笑)。

でも、今まで「迷惑をかけない」ようにしてきた私にとっては、大変なことなのです。

今までなら良かれと思ってやってきたことをやめたり、迷惑がかかるからと頼まれてもいないのにやっていたことをやめる練習をしています。

実際にやってみて分かったことは、迷惑をかけないように自分がやってきたことをやめても、大丈夫だし、平気だということです。

な~んだ。何の問題も無いじゃん(笑)。

これが、今の率直な感想です。

親を責めるつもりはありません。

子供のころは、きっと必要なことだったのでしょう。

しかし、大人になった今は、必要が無くなっただけなのです。
 

■「今日の教訓」

 
今までやっていたことを減らしてみたり、頼まれてもいないのにやっていたことをやめてみよう。申し訳ない気持ちもあるかもしれない。でも、自分がやらなくても平気なことにも気づくことができるんだ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事