やればできることをやらなかった後悔を無くしていこう

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

portrayal-89189_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

後悔しているとき、それは今の自分からみて、もっとできた、もっと進めることができた。

まだまだ、自分には伸びしろがあることに気づいたということです。
 

■満点をつける点数ではなく、満足できる点数を付けていこう

 
後悔だけはしたくない。
後悔しないようにする。

そう強く思うほど、後悔がやってくる。

そんな気がしています。

でもやっぱり、後悔はしたくはない。

後悔にもいろいろありますよね。

もうやり直すことができない。取り返しのつかない後悔は、自分の力ではどうすることもできませんが、本当はできたのにやらなかった後悔は、工夫次第で何となりそうだと気づきました。
 
 
 
 
本当はできたわけですから、何でもいいからちょっとだけでもやってみればいいだけです(笑)。

でも不思議なもので、少しだけやればいいと分かっていても、やらないという事態が発生します。

そしてまた、後悔する。

その繰り返し。

だから、少しでも後悔することを減らす工夫が必要なんですね。

私がやっている方法は、タスクリストを作り、原則として上から順番に処理をしていくやり方です。

そのときに、タスクが完了しない場合でもOKとし、次のタスクに進むことにしています。

もちろん、必ず完了させなければいけないタスクは終わらせています。

でも、一つ一つのタスクをよく見てみると、中途半端に終わったままでも大丈夫なものもあります。

続きは明日以降でもいいものや、他人に任せられるものもあるからです。

そして、今日1日を振り返ったとき、完了したタスクと中途半端に終わったタスクが並ぶことになります。

満点をつける点数を付けることはできませんが、満足できる点数なら付けることができるようになります。

なぜなら、後悔をしていないからです。
 

■「今日の教訓」

 
本当はできたのにやらなかった。あのときやっておけばよかった。そんな後悔をしたくなければ、何でもいいからちょっとだけでもやったほうがいい。今日1日を振り返ったときに、満足できる点数をつけることができるよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事