必要なものだと思っているものでも、無くても大丈夫なものは多い

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

leave-room-825317_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

自分がよくいる場所。

職場でもいいですし、自分の部屋でもいいです。

そこには、自分にとって、あったほうがいい、必要だと思っているものは、どれくらいあるでしょうか。
 

■必要なものよりも、必要ではないものが多いかも

 
すべて、必要なものです!

そう断言することができる方には、恐れ入りました(笑)。

でも、もし余計なものが多いなと思う方は、私と同じです。

仲間です!

失礼しました~(笑)。

自分がよくいる場所ですから、そこで使うものや、必要だと思うものが集まることは、ごく自然なことですよね。

でも、よく周囲をみていみると「?」というものがありませんか。
 
 
 
 
いつか使うだろうと思っていたものが、ホコリをかぶって放置していたり、無造作に積まれている雑誌があったり。

自分がいるところには、必要なもの、使うもの。そして、それ以外のものと、大きく分けることができます。

最近では、断捨離や、持たない暮らし、ミニマリストと呼ばれる方もいらっしゃいますよね。

自分にとって、本当に必要なもの。価値があるものに囲まれて生活をしている方たちを知って、すごいなあと思っています。

私の周りには、必要なものよりも、どうでもいい、いらないものが多いからです(笑)。
 
 
 
 
1年間、使わなかった多くのものは、次のシーズンも使うのかと考えると、うーん、まず使わないですよね(笑)。

実際は、無くても大丈夫で、困ることはないんです。

私も、いつか着るつもりでいた服を処分することに決めました。

いつか着るつもりということは、今は無くても大丈夫ということですし、困ってもいないからです。

必要なものだと思っているものでも、無くても大丈夫なものは、意外と多いのです。

しばらく、使っていないものを処分するだけでも、部屋の中が片づいてしまいます。

人間関係も、似たようなものです。

いつも、いてくれないと困る。必要だと思っていた上司も、いなきゃいないで、大丈夫だったりするのです(笑)。
 

■「今日の教訓」

 
これは、あったほうがいい。必要なものだと思っているものでも、実際は無くても大丈夫だったりするよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事