あなたは、いつもとは違うことをするのを楽しんでいますか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8712949230_064e9cffc8_z
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

同じことばかりやっていると、飽きてくることがありますよね。

だから、他のことをやろうと考えたり、今やっていることを中断したりして、変化を与えるような行動をするときがあります。

いつもとは違うことをするのを楽しむことができるようになると、気持ちに大きな変化を感じることができるようになりますよ。
 

■目標が明確では無い場合は、同じ動きの繰り返しは、とても苦痛に感じてしまう

 
同じことを繰り返しているから、覚えることができたり、慣れてくるからスピードが速くなったりします。

これは、同じことを続けていくことの良さですよね。

スポーツの世界でも、基本動作を何度も繰り返して、体に覚えこませます。

同じ動きの繰り返しがほとんどなので、飽きてくるし、つまらないと感じることもあります。

それでも、目標が明確であれば、飽きてくる動作も、目標を達成するために必要なことですからやりますよね。

しかし、目標が明確では無い場合は、同じ動きの繰り返しは、とても苦痛に感じるのではないでしょうか。
 
 
 
 
私は、ランニングをしているのですが、同じことの繰り返しにも関わらず、結構楽しく走っています(笑)。

もちろん、ランニングをするときの目標はあります。

今月走る距離や、タイムなどです。

しかし、それだけを追い求め続けていると、しんどいし、飽きてくるし、故障の原因にもなってしまいます。

私は、トップアスリートのような走りをする必要はないので、厳しいメニューは必要ありません。

その代わりに、楽しめるメニューがあれば、積極的に採用することにしています。

そのひとつが、「いつもとは違うことをする」ことです。

ランニングなら、走るコースや、ラニングウェアやシューズを変えてみるのです。

これだけでも、楽しいことに気がついてからは、いつもとは違うことをするために、何をすればいいのかを考えるようになりました(笑)。

特に、走るコースを変えると、気分も変わり楽しくなります。

走ったコースに合わせて、地図を塗りつぶしていき、次回は塗りつぶされていない新しいコースを走ったりすると、新しい発見があったり、飽きずに続けることができています。

あなたは、いつもとは違うことをするのを楽しんでいますか。
 

■「今日の教訓」

 
いつもとは違うことをするのが楽しみになると、新しい発見があったり、飽きずに続けることができるよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
Photo credit: trpnblies7 via VisualHunt / CC BY-NC-ND
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする