自分勝手な思い込みで苦しんでいるときは、受け入れる練習をしよう

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

自分勝手な思い込みは、毎日のようにしていると思っています。

その思い込みが良い方向へ導いてくれるのならいいのですが、苦しいことになってしまうのは避けたいですよね。
 

■勝手な想像で、勝手な解釈をして、勝手な感情が生まれている

 
思い込みは、誰にでもあることだし、心のなかにある自分の意見や、考え方だと思っています。

こうあるべきだ。
こうするべきだ。

それが、良い悪いは別としても、誰でも持っているものです。

性格や個性に影響を与えていると言っていいでしょう。

もし、その思い込みで苦しんでいるのなら、なんとかしたいですよね。

私もそう思ったので、なんとかしようと試みましたが、なんたって自分の思い込みですからなかなか変えられない。

というか、思い込みに気づいていない!

自分にとっては、当たり前のことなので、わからないんですね。
 
 
 
 
その一方で、自分の思い込みのせいで苦しんでいるときもあります。

なんで、アイツは時間に遅れてくるんだ。
なんで、アイツは仕事ができないんだ。
なんで、アイツはこんなことも知らないんだ。

これは、時間に間に合わせるべき、仕事はできるべき、これは知っているべき。

そう自分が思っているのに対して、相手のほうが、ことごとく裏切ってくるので、イライラしたり、腹を立てたりして、苦しんでいるんです。

だから、自分勝手な思い込みで苦しんでいるときは、勝手な想像で、勝手な解釈をして、勝手な感情が生まれている。

私は、そう考えています。

これって、変えようと思っても、変えるのは難しいですよね。

だって、そう思ってしまうから。

仕方がないので、いったん受け入れてみることにしています。

そして、これから自分は、どうしたいのかを決めて、できれば行動を起こすところまでやってみています。
 
 
 
 
たとえば、相手の言動に対して、イライラしているとします。

今、オレはアイツに対して、イライラしているな。

イライラするなら、それでも良いことにして、これから自分は、どうしたいのかを決めます。

これも、練習が必要です。

いつも、うまくできるとは限りません。

でも、自分勝手な思い込みで苦しみ続けるよりはいいと思って、私は取り組んでいます。

あなたは、自分勝手な思い込みで苦しんでいるとき、どうしていますか。
 

■「今日の教訓」

 
自分勝手な思い込みで苦しんでいるときは、勝手な想像で、勝手な解釈をして、勝手な感情が生まれている。こんなときは、一旦受け入れて、これから自分は、どうしたいのかを決める練習をするといいよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事