いちばん恐ろしいのは、動くことを忘れてしまうこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

やりたいことがあるのに、やらないでいると、どうなるのか。

私だったら、落ち着きをなくすか、何とかしようと立ち上がります。

あなたは、どうしますか。
 

■当たり前のことをやっていれば、やりたいことができる

 
やってみたいな~。

何の前触れもなくやってくることもあるし、誰かがやっているのを見て、オレもやってみたいと思うこともありますよね。

やってみたいという先には、「こんなふうになりたい」という、ゴールがあると思っています。

でも、時間が経つと、そんなことは忘れてしまい、普段の日常に戻ってしまうことが多いのではないでしょうか。

こんなふうになってみたいけど、今は忙しいからできない、時間があったときにやればいい。

最もらしい?理由が出てくることが、私にはあります。

本当は、最もらしい理由なんて、ひとつもありません。

やらない理由を並べて、自分がやりたいことを先送りしているだけなんですね。

やりたいことがあるのに、何もやらないでいると、それはそれで不安になったり、焦ったりして、良いことはないと思うのです。
 
 
 
 
いちばん恐ろしいのは、動くことを忘れてしまうこと。

やりたいことがあっても、普段の日常に戻っているということは、動くことを忘れてしまっているのかもしれません。

動くことを忘れないためには、どんなに小さなことでもいいから、やりたいことがあるならやったほうがいいですよ。

当たり前のことを書いていますが、別の言い方をすると、当たり前のことをやっていれば、やりたいことができるってことですよね。
 

■「今日の教訓」

 
どんなに小さなことでもいい、やりたいことがあるならやったほうがいい。何もやらないでいると、それはそれで不安になり、動くことを忘れてしまうから。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする