やりたいことができないという状態を抜け出すために、中途半端でもいいことにする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

やりたいことがあるのにできない状態が続くと、どんな気分になりますか。

最高の気分だぜ!

そう思う人は少ないと思います。
 

■もうそろそろ、どこかで息抜きをしようぜ!

 
やりたいことができない。

この状態が続くと、精神的にもきつくなってくると思います。

いわゆる、ストレスってやつですね。

しかも、悪いほうのストレスだと思います。

この状態が長く続いたら、どうなってしまうのか。

決して、良いわけがありません。
 
 
 
 
「やりたいことができない」ということは、「別の何かをやっている」から、そうなるんですよね。

それが、仕事だったり、育児だったり、飲み会だったり。

そのなかには、本当はやりたくはないことも含まれているのではありませんか。

きっと、もうそろそろ、どこかで息抜きをしようぜ!

そんな心の声のサインかもしれません。

ただ、仕事や育児を、やりたいことがあるから、やーめた。

というのは無理ですし、無責任すぎますよね。

それに、仕事や育児をしながら、自分がやりたことをやっている人たちもいますから、その人たちを参考にしながら、自分がやりたいことをすることができるはずなんです。
 
 
 
 
私も、やりたいことがあるのにできないと悩んでいたこともあります。というか、今でも絶賛お悩み中でもあります。

ちなみに、私がやりたことは

・ブログを書く
・ランニングをする
・プラモデルを作る

という、簡単なものですけど、この3つをしているときは、幸せを感じることができるので、忙しいと思っていても、どこかで息抜きをするような感じで、1日の時間のなかに取り入れるようにしています。

まずは、短い時間で始めて、余裕があるなら少しずつ時間や量を増やしていく作戦です。

完璧を求めたら、うまくはいきませんが、中途半端になってもいいという前提で、自分がやりたことに取り組んでいると、やりたいことができないという状態を抜け出すことができるようになってきますよ。
 

■「今日の教訓」

 
やりたいことがあるのにできない。この状態が続くと、精神的にきつくなってくる。どこかで、息抜きをするのも大切だ。まずは短い時間ではじめて、余裕があるなら少しずつ時間や量を増やしていく、その作戦でいこう。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする