失敗や、間違いも、貴重な経験です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

失敗や、間違いはしたくないですよね。失敗すると恥ずかしいし、間違ってしまったことで、周りにいる人たちに迷惑をかけてしまうからです。

でも、失敗や間違いがないと困ることもあるんです。
 

■失敗や、間違いがあるから成長することができる

 
今まで、失敗や間違いを一度もしたことがない人はいないですよね。

みんな、大なり小なりの失敗や間違いをしてきているはずです。

当たり前のことだろうと、突っ込まれるところですが、失敗や間違いがあったりすると、落ち込んだり、自分を責めてしまったり、ポジティブに受け入れることができないことが多いと思うのです。

たしかに、失敗や間違いをして、心の底から嬉しいと思う人は、まずいないでしょう。

できることなら、成功して、結果を出したいというのが、本音ですよね。
 
 
 
 
では、成功したかどうか。これを見極めるためには、どうすればいいでしょうか。

目標を達成したから、成功なのか。望んだ結果が得られたから、成功なのか。

どちらもその通りだと思います。

でも、もっと具体的にはっきりとわかるものがありますよね。

それが、「失敗や、間違い」です。

失敗や間違った経験があるからこそ、それを克服できたときは、成功したと感じることができるのではないでしょうか。

失敗や間違った経験があるということは、行動を起こしたことを証明するようなもので、場数を踏んでいけば、それは経験値となり、自分の血となり骨となっていきますよね。

それこそが、真の成長といえると思うのです。

だから、失敗や、間違いがあったとしても、自分を責めることはしないほうがいいです。

それでも、自分を責めてしまったあとは、その経験から、何か成長したものはないかを考えてみるといいですよ。

失敗や、間違いも、貴重な経験です。

もし、気がつかなければ、成長したことさえも分からないままになってしまいます。
 

■「今日の教訓」

 
失敗や、間違いがあるから成長することができる。というよりも、成長できることに気がつくことができる。もし、気がつかなければ、成長しているかどうかも分からなくなる。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする