自分の軸がグラグラと揺れることを少なくするためにしていること

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

chalkboard-620316_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

みなさんは、周囲の目が気になることはありませんか。

私は、気になってしまうことが多いです。何とかしたいなと思ったこともあります。でも、それって自分がそう思っているだけなんですよね。
 

■人のことを気にしている暇があるなら、自分のことに集中しよう

 
周囲の目が気になっているときは、良くも悪くも、自分を外側から見ている状態ですよね。他人の目が気になっているわけですから。だって、他人は自分の外見しか見ることはできないからです。

自分の内面の部分。つまり、心の中までは入ってくることはできないし、わかることはないからです。

しかも、周囲の目が気になるというのは、自分だけの世界であり、そこには勘違いかもしれないというものまで含まれます。

それにもかかわらず、周囲の目を気にしすぎるあまり、萎縮してしまったり、普段の行動をすることができなくなったり、不安や悩みまで抱え込むこともあります。
 
 
 
 
そんなとき、私がやっていることは、行動記録を読み返すことをしています。

自分の内面に目を向けるようにするためです。

行動記録には、成功したこと、失敗したことなど、実際に行動したことが記録されています。

そして、そこには自分にしかわからないことが、たくさん書かれています。
周囲の目が気になり始めたら、勘違いかもしれないなと思いつつ、行動記録を読み返しながら、自分磨きができないか考えています。

たとえば、何となく周囲の目が気になるなら、行動記録を読み返して、自分がやるべきことを確認して、まずはひとつだけやってみる。

すると、外側の刺激よりも、自分の内側の刺激のほうが強くなってきて、周囲にいる人たちのことなんて忘れています(笑)。

人のことを気にしている暇があるなら、自分のことに集中しようってことです。

周囲の目が気になるときは、自分の内面に意識を向けてやると、自分の軸がグラグラと揺れることも少なくなってきますよ。

あなたは、周囲の目が気になったとき、自分の内面に意識を向けることができますか?
 

■「今日の教訓」

 
周囲の目が気になることってあるよね。でも、勘違いかもしれない。こういう時こそ、自分の内面に目を向けるといい。自分の内面は、自分にしか分からないことだし、人目を気にしたときこそ、自分磨きをするチャンスだと思うんだ。
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする