「できる」と信じ始めれば、できる方向へと進む


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

やれば、できる。

この言葉を信じていますか。

それとも、信じることができませんか。
 

■信じても、信じなくても、結果はでてくる

 
●「やれば、できる」と信じている人

いろいろと考えても、最後には行動を起こす人。とりあえず、やってみる、試してみる。

その代わり、失敗することもある。失敗とは言わないまでも、少なからずダメージを受ける。でも、その時点での現状を知り把握することも可能で、課題や改善点を見つけることができる。

「やれば、できる」という考えが、問題を解決する方へ向かう傾向があると思う。それが前向きな姿勢として現れてくる。

行動を起こすことで、自分にはできないこと、苦手なことが分かり、他の人に協力を求めることも考えることができる。

●「やれば、できる」と信じていない人

すぐには、行動を起こさない人。何事にも慎重な人。まずは、ネットなどで検索して調べ、情報を集める。理論、根拠がないと重い腰をあげない。失敗することを恐れている。最初に自分が動くことは少なく、周りにいる人たちの様子を見てから行動する傾向がある。

どちらかといえば、行動は控えめになりやすい。
 
 
 
 
すみません。私の独断と偏見の解釈です。

たしかに、「やれば、できる」ことを信じたからといって、思い描いた人生を送れるなんてことはありません。

場合によっては、「やれば、できる」ことよりも、物事を慎重に見極めて、一つずつ丁寧に行動する必要があることもありますから。

ただ、「やれば、できる」という言葉を信じても、信じなくても、結果はでてくることは確かなこと。

良い結果をだしたければ、最後は行動を起こす必要があること。

それだったら、「やれば、できる」と信じてみるのもありだと思うのです。

それでも、不安や悩みは消えることはありませんが、「できる」と信じ始めれば、できる方向へと進もうとするものです。

人間が月に行ってみたいという想いから始まり、月に行くと決めたことで、実際に月面に足をつけたじゃないですか。

あなたは、「やれば、できる」という言葉を信じていますか。
 

■「今日の教訓」

 
やれば、できる。この言葉を信じるか、それとも信じないか。どちらにせよ、結果が出る。やはり、できるという思い、そして気持ちが、良い結果の方向へ導いてくれるような気がする。もちろん、これまでの準備や努力があってこそだけど。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

自分なりの必勝パターンがあると自分のことに集中することができる

自分の軸がグラグラと揺れることを少なくするためにしていること

自分との約束を守ろうとする気持ちがあると毎日の生活に良い変化が現れてくる