「次は、何をするか?」という問いに答えて、人生の選択を絞り込んでいこう


kazu(@kazkazstyle)です。

人生は選択の連続といいますが、どうして転んでしまうことがあるのではないでしょうか。
 

■問いに答えて、絞り込んだ選択の結果は、精度の高い結果になる

 
人生は選択の連続です。

そこは、わかっているけど、うまくいかないのはどうしてでしょうか。

それは、選択の連続だとわかっていても、「次は、何をするか?」という質問に答えることができないか、答えを知っていたとしても、行動できない何らかの理由があるからではないでしょうか。

または、その質問には答えたくはないと、避けている可能性もあります。

いずれにせよ、何かしらの選択を選び、その結果がでていることは間違いありません。

その結果に対して、どのような反応を示すのか。

これも選択しているわけですが、うまくいかないと思っているならば、自分が望んだものとは違う結果を目にして、うまくいかないという気持ちを選択しているんですね。
 
 
 
 
ここまで、「選択」という言葉をたくさん使ってきましたが、それと同じ数だけ、結果がでていることを考えると、

「次は、何をするか?」

この問いに答えるだけで、たくさんある選択肢を絞り込むことができるようになります。

選択肢を絞り込み、その行動をすることができれば、絞り込んだ選択の結果がでてくることになりますが、適当に選択をして出てきた結果とは大きく違い、問いに答えて、絞り込んだ選択の結果は、精度の高い結果になります。
 
 
 
 
しかし、いつもうまくいくとは限りません。

でも、「次は、何をするか?」という問いに答えての行動は、精度の高い結果ですから、そこから学び、経験値も増えていくことになります。

これがめちゃくちゃ大事なんです!

精度の高い、学びや、経験値ですから、「次は、何をするか?」の問いに対しての答えの精度も正確になっていくからです。

人生は選択の連続なのはわかっているけど、うまくいっていないなら、「次は、何をするか?」という問いに答えてみてください。

そこから再び、あなたの人生も動き始めますから。
 

■「今日の教訓」

 
次は、何をするか?この問いに答え、行動していれば、壁にぶつかっても、失敗したとしても、そこから学び、経験値が増えていく。経験値が増えれば、問いの答えも正確なものになっていくよ。
 
 
お問い合わせは、こちらからお願いします。

フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

自分ができるのは、たくさんあるなかで1つのことしかできないという、公式を当てはめてみよう

他人ではなく、自分を基準としているか

自分との約束を守ろうとする気持ちがあると毎日の生活に良い変化が現れてくる