夜更かしを減らしたければ明日の自分に向けて引き継ぎのメモを残しておく

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

medium_10631778753
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

もう、眠くてしかたがない。

だったら、さっさと寝ればいいのに、余計にがんばっちゃうことはありませんか(笑)。
 

■明日の自分に向けて、引き継ぎメモを書き残しておく

 
私は、眠くなってくると、あともう少しだけがんばろうと、残りわずかなエネルギーを絞り出そうとするところがあります。

何で、そんなことが分かるかって?

簡単なことです。

夜更かしばかりしていることがあるからです(笑)。

眠くてしかたがないのに、寝ずに起きているときは、自分の好きなことをしていたり、仲間たちと一緒にいたいという気持ちからだったり。

とにかく、今の状態を維持したいから、必死になって寝ずに起きていると思うのです。
 
 
 
 
でも、そうはいっても、限界はやってきます。

無理をして起きているので、目が痛くなったり、集中できなくなったり、様々な副作用が出てきます。

当たり前のことですが、寝なきゃダメです(笑)。

だから、起きてからも、寝る前の状態を維持したいので、メモを残すようになりました。

起きたあとに、そのメモを見ることによって、スムーズに動けるようにするためにです。

この引き継ぎのメモを書き残すだけで、眠りから覚めた後に忘れてしまうことを防ぐことができます。

また、引き継ぎのメモを残すことを続けているうちに、夜更かしをする回数が減ってきています。

理由は、はっきりしませんが、おそらく、メモを残すことで安心感が生まれて、眠っても大丈夫だと感じるからだと思います。

みなさんも、夜更かしをしてしまうことがあると思います。

その時は、楽しくて夜遅くまで起きていても、次の日になったら辛い。そんな状況を和らげるために、寝る前に引き継ぎのメモを残して、朝起きた時に読み返すと、辛い1日の始まりが、ちょっと違う1日の始まり方をすると思いますよ。
 

■「今日の教訓」

 
もう、眠くてしかたがない。限界を感じたなら、やはり休むことを考えたほうがいい。次の日の自分に向けて引き継ぎの作業のリストを作ろう。次の日の朝は、リストに従って行動しよう。
 
photo credit: Honza Soukup via photopin cc
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする