タスクの順番と時間を守ることによって、サクサク進むことができる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

office-336368_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

タスク管理をしていると、タスクを処理する順番と時間を守ることで、サクサク進んでいくことを実感しています。

さらに、チェックリストが加わると、私にとって最強の環境になります。

 

■適切な順番と時間配分を考えながら、タスク管理をする

 
日常生活の行動を、行動記録として残し続けて3年ほどたちました。

なんで、記録を残すの?
面倒くさくない?
地味なことやってるんだね?

こんな声も聞こえつつ(笑)。

行動記録を残してきました。

いまは、行動記録を残してよかったと思っています。ここにきて、自分の行動パターンがわかり、タスク管理が楽になったからです。
 
 
 
 
なぜ、タスク管理が楽になったのか。

タスクも行動のひとつだからです。

取りかかるのが複雑そうにみえるタスクも、たくさんの行動が集まったものです。

つまり、どんな行動をしているのかわかれば、タスク管理も楽になってくるのです。

行動記録を振り返ると、そこには処理したタスクの連続が順番に並んでいます。さらに、どれくらいの時間を使ったのかも記録されています。

順番と時間に意識を向けてみると、どの順番がいいか、時間がかかりすぎているものはどれか。

そんなことが、簡単にわかるようになります。

適切な順番と時間配分を考えながら、タスク管理をすることができるのです。

これも、行動記録を残しておくことのメリットのひとつです。

だから、タスクの順番と時間を守ることによって、サクサク進むことができるわけです。そして、タスクを細かく砕いた、チェックリストも利用することで、余計なことを考える必要もなくなります。

これらのことをやろうとするなら、行動記録を残しておくことが必要です。

あなたも、行動記録を残しながら、タスク管理をしてみませんか。
 

■「今日の教訓」

 
タスクの順番と時間を守ると、サクサク進む。ここに、チェックリストが加われば、ある意味最強となる。これができるのも、行動記録を残しているからだ。
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする