限られているからこそ、中身の濃い人生を歩むことができる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

old-people-616718_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

人生や時間は、有限です。

そんなことはわかっているつもりでも、忘れていることが多いのが現実だと思います。

では、人生や時間は有限であることに気がつくときは、どんなときか。

それは、何かを失ったときに始めて、その現実を知るのです。
 

■何かを失ったときに気づくこと

 
人生や時間には、限りがあります。

本当は、こんなことは書きたくない気持ちもありますが、事実です。

わかってはいるけど、忘れているのではないでしょうか。

人生や時間には、限りがあることを思い出させてくれるものが、何かを失ったときだと思うのです。

家族や友人を失ったとき、深い悲しみを感じると同時に、人生や時間には限りがあるんだと思い知らされました。

限られているからこそ、中身の濃い人生を歩むことができるのかな。

そう感じた、1日でした。
 

■「今日の教訓」

 
人生や時間は、有限であることはわかっているつもりでも、何かを失ったときに始めて、その現実を知ることがあると思うんだ。
 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする