休むことが、時間を浪費している、勿体ないと思うようになったら注意が必要です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

family-591579_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

疲れを感じたら、休む。

こんな当たり前のことをできないときがあります。

つい欲張ってしまったり、がんばりすぎてしまったり。

当然、無理をすれば、その分だけ反動が返ってきます。
 

■休むことを、消極的に考えるよりも、休む時間をあらかじめ決めよう

 
疲れを感じても、休まないときは、いくつかのパターンが考えられます。

たとえば

●休みたくても、休むことができない
●休むことはできるけど、休まない

休むことは、誰にとっても必要なことですし、個人差もあるので、これが正しいとは言いきれないところがありますよね。

だから、自分が休みたくなったら、休めばいいというのもありだし、計画的に休む時間を作るのもいいでしょう。
 
 
 
 
ただ、休むことが、時間を浪費している、勿体ないと思うようになっているなら注意が必要です。

その間にも、確実に疲れが蓄積されているからです。

休むことを、消極的に考えるよりも、休む時間をあらかじめ決めてしまえば、残った時間で何とかしようと考えるようになりますから、時間を浪費している、勿体ないとは思わなくなってきます。

たとえば、短距離レースなら、休まずに何とかなっても、長距離レースは、そうはいきませんよね(笑)。

調子がいいときもあれば、悪いときもありますし、ペース配分も考慮しながら進まなければなりません。

ペース配分を考えるときには、どこで休むかを計画の中にいれることで、一定のペースを保って進むこともできるのです。

休むなら、しっかりと休んでしまったほうがいいと思うのです。
 

■「今日の教訓」

 
疲れを感じたら、やはり休むことが重要になってくる。できることなら、休み時間をあらかじめ決めちゃえば、残った時間で何とかしようと考える。それは、それでいいと思うんだ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする