無気力になって、やらない状態が続くことは避けることができる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hipster-863442_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

やればできるのに、やらない状態が続くと、どうなると思いますか。

私の経験からですが、決して良いことはありません。

もちろん、選択の自由はあるので、やらないのもありですが。
 

■何となく時間がすぎているときでも、何かをしている

 
本当は自由で何でもできるのにやらないでいると、時間だけが過ぎていく感覚が強くなっていきます。

ただ何となく、時間だけがすぎていく、あの感覚です。

この感覚が続くと、無気力になっていきます。

時間だけがすぎて、自分は何もできないと思い込んでしまうのが原因ではないかと思っています。

ちょっと考えればわかることですが、何となく時間がすぎているときでも、何かをしているはずです。

何もしていないのは、ありえないのです。

何もできなかったとしても、その場所にいたことは事実ですし、誰かと一緒にいたのかもしれません。

細かい話ですが、呼吸もしていますし、心臓だってちゃんと動いていたはずです(笑)。
 
 
 
 
何もしていないと思うのは、そのように選んでしまっているだけなのです。

自分で視野を狭くして、本当は目の前にあるものでも、存在しないと言っているようなものです。

これらを避けるには、つねに選択の自由はあることに気づくことです。

具体的には、やればできることは、どんどんやっていくこと。

自分ができることをやることさえできれば、少なくとも時間だけがすぎていくという無気力感はなくなっていくはずです。

どんなときでも、選択の自由はあります。

もちろん、その中にはできること、できないことがありますが、無気力になって、やらない状態が続くことは避けられるのです。
 

■「今日の教訓」

 
やればできるのに、やらない状態が続くと、だんだん無気力になっていく。そこには、選択の自由があるはず。自分で選ぶことができ、やらないことを選んでいることに気づくことが大切なことなんだ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 

 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする