やめなければ、次のことを始めることができない。次に進みたければ、まずは今やってることをやめること

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

clock-1242246_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

計画通りに進んでいるときは、始まる時間と終わる時間は、ほぼ計画した時間通りに進んでいますよね。

当たり前か(笑)。

では、計画通りに進んでいないときは、どうでしょうか。
 

■始めることに重点をおいていないか

 
計画通りに進めていくには、作業を決められた時間に始めて、決められた時間に終わるというのが理想ですよね。

現実は、なかなか難しいかもしれませんが(笑)。

でも、はっきり言えることは、「やめなければ、次のことを始めることができない」ことは確かなことです。

計画通りに進めようとするあまり、始めることに意識が強すぎると、終わる時間のことは、あまり気にしていないように見受けられます。
 
 
 
 
たとえば、仕事の会議を想像してみてください。

週に1回、月に1回など、会議をする日、または時間帯が決まっていますよね。

これは、始めることに重点をおいています。

実際に、会議を始めるところまでは良いのですが、時間通りに終わる会議は、どれくらいあるでしょうか。

終了予定時刻を過ぎた会議はありませんか。
 
 
 
 
会議が長引けば、他の仕事をすることはできませんよね。

つまり、やめなければ、次のことを始めることができないのです。

めちゃくちゃ、当たり前のことです(笑)。

ダラダラと会議を続けていることを考えると、実に勿体ない話です。

もちろん、会社の会議の場合は、自分の意思で会議を終わらせる権限などはないのかもしれません。

でも、きちんと区切りをつけることが重要なことは明らかなのです。
 

■「今日の教訓」

 
やめなければ、次のことを始めることができない。当たり前のことなんだけどね。次に進みたければ、まずは今やってることをやめること。きちんと区切りをつけることが重要になってくる。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする