タスクには、ふさわしい時間帯、場所、人がうまく重なりあってこそ、効果的に処理ができる

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

6893001158_de2b1c93d0_z
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

朝起きてから、顔を洗ったり、ご飯を食べたり。

睡眠もそうなんですけど、やっていることは、ある程度の「決まりごと」がありますよね。

その「決まりごと」とは何か。

特別、難しいことじゃありませんよ(笑)。
 

■いつも違うことをしているつもりでも、同じようなパターンを繰り返している

 
朝食を食べる時間はいつ?

そう聞かれたら、なんと答えますか。

「朝」という漢字を使うから、朝の時間帯ですかね。

朝の時間帯といっても、起きる時間は人それぞれですから、目覚めたあとに、最初に食べる食事としておきますね。

このように、ある程度の時間帯が決まっていることが、毎日の生活にたくさんあります。

たとえば、食事、出社する時間。テレビを観る番組、睡眠時間など。

どんな生活をしているか、記録を残していくと、驚くべき事実を知ることができます。

それは、ほぼ同じパターンを繰り返していることです。

いつも違うことをしているつもりでも、時間帯や場所、それに関わる人たちが、パターンを繰り返しているのです。
 
 
 
 
えっ!信じられないですって。

こればかりは、行動記録を残してみなければ分からないです。

自分は特別だと思っていても、行動記録を振り返ると、同じようなパターンで生活している部分が見つかりますから(笑)。

自分の行動には一定のパターンが あることに気づいてからは、時間帯や、場所などが、ふさわしいか、無理はないかを見極めるようになりました。

特に、タスク管理に取り入れると、効果的にタスクの処理ができるようになります。

自分自身の日々の情報収集は、とっても大切なんですよ。
 

■「今日の教訓」

 
タスクには、ふさわしい時間帯、場所、人がうまく重なりあって、効果的に処理ができるんだ。だから、日々の情報収集はとっても大切なんだよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
Photo credit: University of the Fraser Valley via Visual Hunt / CC BY
 
 

 
 

 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事