日記やメモなどの記録を残しておくと良いことがあるよ


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

日記のように記録を残すことは、あとで読み返すと、当時の様子がわかりますが、書かない人も多いみたいですね。
 

■現在の自分が、過去の自分に会いに行く

 
私も、子供の頃は日記なんて書いていませんでした。

今日の出来事を、いちいち覚えてられませんし、面倒くさいし、書くことに時間を取られてしまうことが嫌でした。

子供の頃は、それでよかったんですけど、大人になるにつれて、それができなくなってきたんです。

なぜかというと、過去をふり返って考えることが多くなり、過去の出来事を引っ張りだすことも増えたからです。

去年の資料のデータを準備しておいてくれ。

こんなことを、上司に言われたとき、どうするのかというと、PCやクラウドサービスを使っていれば、すぐに引っ張り出せますが、

去年の今ごろは、何をしていたっけ?

自分の個人情報となると、まったくといっていいほど思い出すことができないんです。

仕事関係は、何らかの形で保存しているのに、自分のことになると、何も保存していないし、過去の痕跡すら残っていいない状態で、頭のなかの記憶に頼るしかない状態でした。
 
 
 
 
つまり、自分という人間は、どんな人間なのか。よく分からないんですね。

記憶だけを頼りにして行動をすると、「ただ何となく」という曖昧な状態で行動することにもなりますから、失敗も多かったです。

日記でもいいし、メモでもいいから、記録を残しておけば、あとで読み返したとき当時の自分がどんな行動をしていたのか、何を考えていたのかがわかりますよね。

現在の自分が、過去の自分に会いに行っているようなものです。

楽しいこと、嬉しいこと、辛いこと、悲しいこと。

過去の自分が経験したことが、記録を見ればわかります。

だから、それをうまく利用してやれば、今日1日の中で、楽しかったことや、嬉しかったこと、がんばったことを見つけて、その記録を残しておけば、記録を読み返すことで、過去の自分を思い出して、未来の自分へ、プラスのエネルギーを引き継がせることもできるようになりますよ。

過去の自分と、未来の自分の橋渡しをする役目が、記録にはあって、その記録を残すことができるのは、現在の自分しかいないのです。
 

■「今日の教訓」

 
日記のように記録を残すことは、あとで読み返したとき当時の自分に会えることができる。その時、楽しいこと、嬉しいこと、良かったこと。そんな自分に出会うために、今日1日の中で、楽しいこと、嬉しいこと、良かったことを見つけるんだよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

体の調子を整えたかったら、行動の記録を残しておくことが、その第一歩です

記録を残していれば、具体的な成果もはっきりする。比較できるものは、具体的な対象物を決めておく

どこがうまくいったのか。これはその日のうちに記録に残していないと忘れてしまう