自分のペースをつかむために、多すぎず、少なすぎず。ちょうどいい感じを目指してみませんか

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

多すぎず、少なすぎず。ちょうどいい感じ。

自分のペースをつかむことは、日常生活を楽しむためにも、知っておいたほうがいいですよね。

自分のペースが分かってくると、相手のペースも見えてきますよ。
 

■経験や知識というものは、過去から受け継がれてきている

 
自分のペースって、どうやったら分かるのでしょうか。

これぐらいが、ちょうどいい。
この調子でいけば、大丈夫。

この、さじ加減が分かるのは、いつもやっている行動だと思います。

いつもやっている仕事なら、このままのペースでいくと、残業になってしまうのも分かりますよね。

なぜ分かるのかというと、仕事の量、仕事を完了させる時間、仕事を処理する能力などが、これまでの経験や知識から分かっているからです。

つまり、自分のペースをつかむためには、経験や知識があったほうがいいということになります。
 
 
 
 
まあ、仕事の場合は、自分の力ではどうすることもできない場面もあるので、自分のペースで進めていくことができないこともありますね。

それでも、自分のペースをつかんでおくことは、生活をするうえで大事なことだと思います。

自分のペースが分かっていれば、無理をしていることが分かるので、休息をとるタイミングも分かるし、そのダメージを最低限に抑えることも可能になります。

そのためにも、これまでの経験や知識が重要になってくるのです。

こんなときこそ、行動記録が役に立ちます。

経験や知識というものは、過去から受け継がれてきているものだからです。

毎日の行動記録を残しておけば、自分のペースとは、どういうものなのか。どんなパターンで動いているのか。

行動記録を、ふり返れば、その答えが書いてありますよ。

あなたも、多すぎず、少なすぎず。ちょうどいい感じを目指してみませんか。
 

■「今日の教訓」

 
多すぎず、少なすぎず。ちょうどいい感じ。自分のペースが分かれば、楽に動くことができる。長時間やっていても疲れにくくなるし、ダメージも最低限に抑えることができるよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事