自分の話を聴いてくれる人。相手からの話を聴くことができる環境は、とても大事なこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

仲間がいるといいなと思うときがあります。

それは、自分以外の人間が、もう一人いるからです。
 

■自分一人が残されたときに、仲間の存在の大きさに気づく

 
仲間がいれば、自分の話を聴いてくれるし、相手からの話を聴くこともできますよね。

話をしているうちに、盛り上がることもあるし、楽しい時間にもなります。

時には、仲間同士でもめることもあったり、励まし合ったり。

自分一人ではできないことが、仲間がいることでそれが可能になります。

といっても、仲間がいるときは、そのことには気づかないものです。

なぜなら、仲間がいるのが当たり前だと思っているから。
 
 
 
 
自分一人が残されたときに、仲間の存在の大きさに気づくこともあるでしょう。

そんなことを考えていたら、自分の話を聴いてくれる人。相手からの話を聴くことができる環境は、とても大切なことなんだと思いました。

どうでもいい、くだらない話で盛り上がることだって、決して無駄なことではないのです。

自分一人ではその才能を発揮することは難しくても、仲間がいることで力を発揮することができるんですね。

あなたは、何でも話せる仲間が近くにいますか。
 

■「今日の教訓」

 
仲間がいるということは、自分以外の人間が、もう一人いるということ。自分の話を聴いてくれる人。相手からの話を聴くことができる環境は、とても大切なことなんだ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

自分から伝えようとする気持ちがあれば、相手にその気持ちが届く

人の心を掴みたいなら、弱くて、醜い部分も相手にさらけだそう

自分の気持ちに素直になる練習をしてみませんか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする